本文へジャンプ
 
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

Ecology(事業活動の環境負荷低減)循環型社会の形成

化学物質の排出削減・管理

有機溶剤排出量の削減に向けた取り組み冊子住友ゴムグループ

住友ゴムグループはVOC(揮発性有機化合物)排出量削減の自主的な取り組みを進め、2017年度は生産工程の改善を進めた結果、前年度比3.0%削減できました。2000年度比では82%削減になります。
2018年度も引き続き、VOCの使用条件の適正化に努め、使用量の削減を図っていきます。

有機溶剤総排出量と原単位(国内6工場)

グラフ:有機溶剤総排出量と原単位(国内6工場)

 VOC排出量自主規制 日本ゴム工業会計算方式採用

有機溶剤の再利用量(kg)

  2013 2014 2015 2016 2017
アセトン 5,163 4,800 4,011 4,466 4,149
シンナー 394 527 750 13 46.8

 シンナーの再生量が減少していますが、これは使用量自体が削減できたためです

PRTR法対象物質の管理・削減住友ゴムグループ

PRTR法対象物質の排出量・移動量と原単位(国内6工場)

グラフ:PRTR法対象物質の排出量・移動量と原単位(国内6工場)

NOx、SOx排出量住友ゴムグループ

SOx排出量と原単位

グラフ:SOx排出量と原単位

NOx排出量と原単位

グラフ:NOx排出量と原単位

ばいじん排出量と原単位

グラフ:ばいじん排出量と原単位

ダイオキシンの発生防止住友ゴムグループ

ダイオキシン類発生量(mg-TEQ)

  2013 2014 2015 2016 2017
ダイオキシン類 72 0.22 0.20 25 45

PCB注1含有物の適正管理住友ゴムグループ

住友ゴムグループは、PCB特措法注2に基づき、PCB含有機器として変圧器、コンデンサ、安定器などを、名古屋工場などの国内工場や、国内関係会社で保管し、行政へ報告しています。
2017年末時点のPCB含有が判明した機器は変圧器等約50台、安定器約1,500台です。これらの処分を計画的に行うとともに、今後、新たにPCB含有が判明した機器についても同様の対応を行っていきます。

  • 注1 PCB:ポリ塩化ビフェニルの総称。水に溶けない、化学的に安定、絶縁性が良いなどの理由で変圧器、コンデンサの絶縁油として使用されていたが、人の健康・環境への有害性が確認され、分解されにくく、広範に環境中に残留していることが知られています。
  • 注2 PCB特措法:「ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法」2001年に施行。2012年、2016年に改正されました。
 
 
 
住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー