本文へジャンプ
 
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

Ecology(事業活動の環境負荷低減)環境負荷物質管理の推進

事業活動と環境負荷の概要住友ゴムグループ

有機溶剤排出量の削減に向けた取り組み冊子住友ゴムグループ

当社グループはVOC(揮発性有機化合物)排出量削減の自主的な取り組みを進め、2018年度は生産工程の改善を進めたものの、タイヤ以外の製品での使用が増えたため、前年度からやや悪化しました。
2019年度は、さらなるVOCの使用条件の適正化に努め、使用量の削減を図っていきます。

グラフ:有機溶剤総排出量と原単位(国内6工場)

 VOC排出量自主規制 日本ゴム工業会計算方式採用

有機溶剤の再利用量(kg)

  2014 2015 2016 2017 2018
アセトン 4,800 4,011 4,466 4,149 5,035
シンナー 527 750 13 46.8

 シンナーは、使用量を少量にでき、再利用できる量が無いため、2017年途中から再利用を停止しました。

2018年度のマテリアルフロー(国内6工場)住友ゴムグループ

図:2018年度のマテリアルフロー(国内6工場)

 
 
 
 
 
 
住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー