本文へジャンプ
 
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

エコ・ファーストの約束

エコ・ファースト制度冊子住友ゴムグループ

住友ゴムグループは、地球環境に責任を持ったグローバル企業として、あらゆる企業活動を通じて、豊かさと地球環境が調和した社会を将来にわたって実現していくべく、企業の社会的責任を果たしてまいります。
住友ゴムは、2009年3月に「エコ・ファースト企業」に認定され、「低炭素社会の構築」、「循環型社会の形成」、「自然との共生」について具体的な数値目標を設定しました。
2017年度までには、すべての約束を達成し、2017年10月31日新しい約束を取り交わしました。
新しい約束で従来から大きく変わった点は、低炭素社会の構築の目標を、これまでは国内の製造拠点で設けていましたが、今回はグローバルのライフサイクルでのCO2削減目標としたことです。原材料から廃棄までのCO2を削減するため、環境先進企業としての取り組みを進めてまいります。

通常総会

エコ・ファーストの約束とは?

環境の分野において「先進的、独自的でかつ業界をリードする事業活動」を行なっている企業(業界における環境先進企業)が、環境大臣に対し、地球温暖化対策、廃棄物・リサイクル対策など、自らの環境保全に関する取り組みを約束します。2018年1月時点で40社が認定されています。

平成27年度 エコ・ファーストの約束のフォローアップ報告

該当分野 約束項目 2017年度における目標 実績(概要) 達成状況
低炭素社会の構築に向けた取組を積極的に推進します。
低炭素 グローバルで販売する乗用車用タイヤ1本当たりのライフサイクルにおけるCO 2排出量を2022年に2005年比14%以上削減します。 2017年後半に設定したため、2017年の定量目標は無し ライフサイクルにおける各段階の調査中 調査中
循環型社会の形成に向けた取組を積極的に推進します。
3R 国内・海外の関係会社を含む主要生産拠点において、廃棄物の直接埋立量の「完全ゼロ」を2020年度まで継続します。 国内・海外の関係会社を含む主要生産拠点において、廃棄物の直接埋立量の「完全ゼロ」を継続 国内・海外の関係会社を含む主要生産拠点において、廃棄物の直接埋立量の「完全ゼロ」を継続 継続中
2020年までにモデル工場で工場排水の100%リサイクル技術を確立します 定量目標無し リサイクル技術の検討と、モデル工場の選定
自然との共生を進め、生物多様性に配慮した取組を推進します。
自然 どんぐりプロジェクトを中心にした森づくり活動を進めます。 毎年20回以上 33回 -
生物多様性に配慮したさまざまな取組みを積極的に展開します。 定量目標なし 絶滅危惧種保全育成活動が未実施だった2工場で取り組み開始 -

エコ・ファースト推進協議会の取り組み住友ゴムグループ

住友ゴムは、エコ・ファースト推進協議会が主催する各種のイベントに参加しています。

2017年度には、8回目となる「『エコとわざ』コンクール」を「未来の地球を守るために、私たちができるエコな暮らし」というテーマのもとに開催し、全国から737点の応募がありました。その中から鹿児島県の中島莉胡さんの作品を住友ゴム賞として表彰しました。表彰式は12月9日に「エコプロ2017」会場で行われ、表彰状と副賞を贈りました。
他にも12月2日には大学生・大学院生の皆さんとともに持続可能な社会づくりを考える「エコ・ファースト サステナブルカフェ2017」を開催しました。

「エコとわざ」住友ゴム賞 受賞作品

エコとわざコンクール2017受賞式

「エコ・ファーストin関西」主催のイベント参加

住友ゴムを含む関西に本社を置くエコ・ファースト認定企業10社の集まりである「エコ・ファーストin関西」の活動にも積極的に参加しています。
2017年9月2日に第5回となる琵琶湖の外来魚駆除・釣りボランティアが開催され、当社も参加しました。当日は、各社の社員とその家族213名が参加し、釣果を競い948尾(23kg)の外来魚を釣り上げました。昼食にはジビエ(鹿肉)カレーを食し、害獣に関しても考える機会を持つことができました。環境省の職員の方にもご参加いただき、官民連携でのボランティア活動となりました。

サステナブルカフェin関西

琵琶湖コラボ活動全参加者

 
 
 
住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー