本文へジャンプ
 
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

CSR活動の目標と実績Green(緑化)

Green(緑化)冊子住友ゴムグループ

マネジメント・アプローチ

森林は、地球温暖化の原因となるCO2を吸収するほか、生物多様性を保全するなど重要な社会的基盤です。この重要な社会的基盤を守ることは企業の社会的責任であると考え、住友ゴムグループは、CSR活動ガイドラインの一つに「Green」(緑化)を掲げて、国内外の各事業所や周辺地域の緑化活動を推進しています。2009年度に、世界各地の事業所やその周辺地域において、20年間で100万本の木を植えるという「100万本の郷土の森づくりプロジェクト」を開始しました。20年間という当初の目標をはるかに上回るペースで植樹が進み、2018年度に累計178万本の植樹を達成しました。今後も植樹活動を継続するとともに、森林整備にも注力していきます。

グラフ:「100万本の郷土の森づくりプロジェクト」の進捗(累計植樹本数)

CSR活動の目標と実績冊子住友ゴムグループ

当社グループのCSRガイドライン「GENKI」に基づき、成果を検証し、2019年度の目標を策定しています。ここでは、主要項目を抜粋し紹介しています。

図:CSR活動の目標と実績

Plan
2018年度
目標
GRI
ガイド
ライン
Do
2018年度
活動実績
Check
自己
評価
注1
Action
2019年度
目標
中長期
(2022年)
目標
①森づくりを通じた地球温暖化防止への貢献
●100万本の郷土の森づくりプロジェクト推進
●国内GENKIの森の整備推進
304-3 ●100万本郷土の森づくり植樹活動(マングローブ植樹含む)

2018年度:66,918本植樹(提供含む)
100% ●100万本の郷土の森づくりプロジェクト推進
●国内GENKIの森の整備推進
●100万本の郷土の森づくりプロジェクト推進
●国内GENKIの森の整備推進

ECOFIRST

②森づくりを通じた地域との交流
●どんぐりプロジェクトの推進
●苗提供も含めた地域との交流を広げる
413-1 ●どんぐり植樹・苗提供活動
2018年度:9,015本
●地域へのどんぐり苗提供は2018年度:8,245本
100% ●どんぐりプロジェクトの推進
●苗提供も含めた地域との交流を広げる
●どんぐりプロジェクトの推進
●苗提供も含めた地域との交流を広げる
③生物多様性の保全
●ビオトープ環境整備
●絶滅危惧種の保全・育成の継続
304-3 ●市島工場のビオトープ環境向上(水質改善)工事を実施
●国内8事業所で絶滅危惧種保全・育成活動実施
100% ●絶滅危惧種の保全・育成の継続、特に岡山テストコースのオオムラサキ育成を軌道に乗せる ●絶滅危惧種の保全・育成の継続
●生物多様性を考慮し、どんぐり以外の多様な樹木がある森づくりへ着手

ECOFIRST

  • 注1 自己評価の計算方法: 基準年比(1-削減率)を用いて次の通り計算しています。
    (1-(目標基準年比-実績基準年比)÷目標基準年比)×100%
  • 注2 原単位の分母は、新ゴム消費量(天然ゴム+合成ゴムの消費量)です。
 
 
 
 
 
 
住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー