本文へジャンプ
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

特集3 ブランド力の向上

「ダンロップ」ブランドの
価値向上とグループ全体の収益力向上を目指す

1888年にJ.B.DUNLOP(ジョン・ボイド・ダンロップ)が世界で初めて空気入りタイヤを実用化してから130年目を迎えました。
住友ゴムグループの主力ブランドで、モータースポーツにとどまらずゴルフ、テニスなどスポーツの世界でも高く認知されているダンロップブランド。
タイヤ事業と国内外のスポーツ事業の経営統合により、ブランド価値最大化を目指す新たな挑戦が始まります。

事業展開範囲が拡大したダンロップブランドを活用し、事業成長を目指す

ダンロップブランドの使用権は、2015年に米グッドイヤー社とアライアンスを解消したことや、2017年に英スポーツダイレクト・インターナショナル社から海外ダンロップ事業を買収したことにより、当社グループがイニシアチブを持って事業展開できる範囲を拡大することができました。
タイヤ事業では、欧米、インド、豪州等を除く幅広いエリアで、スポーツ事業と産業品他事業では、全世界でダンロップブランドの商品を展開することが可能となり、新たなビジネス機会が生まれています。
今後、スポーツ事業におけるダンロップのブランド力強化の取り組みが、タイヤ事業の同ブランド力向上にもつながることが見込まれ、早期シナジー創出を目指していきます。

スポーツ事業におけるダンロップ商標権使用可能地域

買収前 日本・韓国・台湾、買収後 全世界

写真:タイヤ事業 スポーツ事業 産業品他事業

 
 
 
住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー