本文へジャンプ
 
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

成長エンジン3ー重点施策 DUNLOPブランドの活用

ブランドの価値向上と事業の最大化を図る

ダンロップブランドを最大限活用し、事業の最大化を図るためには、グループの持つすべてのリソースを活用し、総力を挙げて取り組むことが必要と判断し、2018年1月ダンロップスポーツ社と経営統合を行いました。
そしてタイヤ事業とスポーツ事業のシナジー創出を推進し、ダンロップブランドを最大限活用するため、テニス事業を中心にブランド価値向上に取り組んでいます。

ダンロップブランド活用の取り組み

テニス事業:価値向上を図る4つの取り組み

1ラケットスポーツにおけるダンロップの新ブランドメッセージを制定

勝利することだけでなく、ゲームを楽しみ、ゲームを愛するプレーヤーのためブランドであることを伝えるメッセージとして「LOVE THE GAME」をグローバルで展開していきます。

2“ダンロップ「CX」シリーズ POWERED BY SRIXON”発売

これまで、主に国内はスリクソンブランド、海外はダンロップブランドで販売してきましたが、2018年12月発売の「CX」シリーズからは、ブランドをダンロップに統一し“ダンロップ「CX」シリーズ POWERED BY SRIXON”としてグローバルで展開していきます。

3日本企業初「全豪オープン」とオフィシャルスポンサー契約

テニスの四大大会の一つである「全豪オープン」と2019年からオフィシャルスポンサー契約を締結し、大会使用球「DUNLOP Australian Open」を発売しました。

4IMGアカデミーと新たな取り組みスタート

「IMGアカデミーダンロップジュニアプログラム」を実施し、トップジュニアの発掘・育成をサポートしていきます。また、IMGアカデミー内に「ダンロップイノベーションセンター」を設置。
現地での情報収集や選手への商品テストを行うなど、今後開発の拠点として利用していきます。

テニス事業とタイヤ事業のシナジー創出

DUNLOPブランド事業の買収後、ブランド価値向上を目的にテニス分野への投資を進めています。
今後はそれらを活かして、事業間で相互にブランド価値を高めていく活動を拡大します。その第一弾として、2018年のウィンブルドンファイナリストで当社契約プロのケビン・アンダーソン選手を起用したプレミアムコンフォートタイヤ「ビューロ VE303」のタイヤ広告を製作し、2018年12月から展開。テニスとタイヤの「DUNLOPコラボレーション広告」によるダンロップタイヤの販売を促進しています。
今後も各事業が一体となって、ブランド価値を高めていきます。

ケビン・アンダーソン選手

 
 
 
 
 
 
住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー