本文へジャンプ
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

従業員のために労働安全衛生

 住友ゴムグループは、従業員の安全と健康を維持し、快適な作業環境を維持するため、労働組合と協力し、協力企業と一体となって安全衛生活動を推進。「安全衛生はすべてに優先する」をスローガンに安全危険ゼロ・労働災害ゼロを目指しています。
 中央安全衛生委員会にてグループの2016年度安全衛生活動方針を定め、「安全な人づくりの3原則(①ルールを守る、②安全意識を高める、③管理監督者が責任を果たす)」と、「設備安全の3原則(①重大災害を発生させる危険箇所に人がいれば設備は動かない、②止めようとしたときに設備がすぐに止まる、③作業者にこれから危険箇所に入ることを自覚させる装置を設置)」を指針としています。これらの指針に基づき、風通しが良く面倒見の良い職場作りを進める事が安全な人作りの基本と考え、安全衛生第一の精神を末端まで定着させていきます。

住友ゴムグループ安全衛生活動組織図

住友ゴムグループ安全衛生活動組織図

 

安全衛生に対する教育・啓発活動

冊子 住友ゴムグループ

 住友ゴムグループは「災害ゼロ」を目指すために最も重要な要素は「安全な人づくり」と考え、階層別教育やフォローアップ教育などで技能と知識の習熟度を確認しながら定期的に安全衛生に対する教育・啓発活動を進めています。
 2016年度は、定期的な安全衛生教育に延べ67,941名の従業員が参加しました。どんな状況でも安全ルールを守れる人づくり、守らせる職場風土づくりを進めることに重点を置き、毎日使っている設備などを用いて災害の怖さを体感する安全体感教育で、危険に対する感性を高めています。この安全体感教育には延べ46,208名の従業員が参加しました。また、地域の企業や学校からの要請を受け入れて同様の教育を2,035名に実施しました。
 2017年度は、災害に遭わないために、個人に限定せず、小集団活動を主体に職場の安全活動ノウハウを全社へ発信し、各職場が最適な安全活動を自主的に取り入れることで、全員で安全を守る職場環境・風土づくりを進めます。

 手指巻き込まれ箇所の危険体感教育安全体感教育
(手指巻き込まれ箇所の危険体感教育


  

現地現物に基づいた防災監査の実施

 住友ゴムグループ

 他社の火災やグループ内での火災発生を契機に、過去の火災事故の教訓を風化させないよう、2007年度から防災監査をスタートさせ、2016年度は8工場で防災監査を実施しました。危険物管理等での火災未然防止と消火設備・避難誘導の適正表示や消火・避難訓練など、被害を最小限にする活動の状況をチェックしています。
 国内工場では2010年度から大規模地震災害を考慮した総合的な防災監査をスタートさせ、震災発災時には日頃の防災活動の成果を発揮し、被害を最小限に留めることができるよう取り組んでいます。2017年度は、「防災内部監査方法を整備し、全員参加で防災に対する実力が把握できる環境をつくる」を重点施策とすることで、「小火・火災発生ゼロ」を目指します。

 加古川工場総合防災避難訓練加古川工場総合防災避難訓練 
(梯子車による3階からの救出の様子)



 

災害ゼロへの挑戦

 冊子 住友ゴムグループ

 住友ゴムグループは危険ゼロ・災害ゼロを目指して、危険因子を排除し本質的に安全性を高める先取り型安全活動を推進しています。また現地現物で安全監査や安全観察を積極的に実施しています。
 2015年度は不注意や危険に対する感度不足による誰にも起こりうる災害が海外工場、国内工場ともに増えた上に、関係会社で死亡事故が1件発生してしまいました。これを受けて2016年度は災害の原因につながりやすいチョコ停を含む非定常作業の安全確保を重点にし、また安全に関する一人ひとりの行動特性を自覚・把握して、全員で安全を守れる職場環境・風土を作る活動を進めました。
 その結果2016年度は、休業以上の大きな災害が国内工場でゼロになるなど、グループ全体で11件(前年比31%減少)に改善。しかし歩行中の災害や手指の挟まれといった不注意による小さな災害が増加し、災害の総数は74件(前年比12%増加)と悪化してしまいました。
 そこで、全ての事業所で安全活動の問題点洗い出しと原因追究を行い、2017年度の重点活動を引き続き「安全な人づくり職場づくり」に定めました。
 個人の自発的な安全活動に加え、職場の安全活動ノウハウを全社へ発信し、各職場が自主的に最適な活動を取り入れることで、全員で安全を守る職場環境・風土づくりを進めていきます。

 

労働災害発生状況(休業災害度数率

労働災害発生状況(休業災害度数率)

 災害度数率:延べ実労働時間100万時間あたりの労働災害による死傷者数。
災害度数率=労働災害による死傷者数/延べ実労働時間×1,000,000


 

労働安全衛生マネジメントシステム

 住友ゴムグループ
 

 住友ゴムグループでは、労働安全衛生マネジメントシステムの国際規格OHSAS18001の認証取得を進めています。
 2016年末時点で、取得拠点は13です。
 2016年度は泉大津工場、トルコ工場で認証取得をしました。

  

OHSAS18001認証取得状況

 
年月 取得工場
2007年1月中国・常熟工場
2009年1月タイ工場
2009年2月宮崎工場
2009年12月タイ・テニスボール工場
2012年4月南アフリカ工場
2013年5月名古屋工場
2014年9月ブラジル工場
2014年11月インドネシア工場
2014年11月中国・湖南工場
2014年11月タイ・天然ゴム加工工場
2014年12月白河工場
2016年2月泉大津工場
2016年11月トルコ工場
 

ページトップへ 

住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー