本文へジャンプ
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

地域社会のために社会貢献活動

 

社会貢献活動の基本的な考え方

 住友ゴムグループ

 住友ゴムグループは、良き企業市民として、全国の各事業所を中心に30年来取り組んでいる地域貢献活動“GENKI活動”(元気の出る活動)に加えて、緑化活動やボランティア活動、NGO・NPOとの協働を通じた地域社会との交流など、全社統一的な社会貢献活動を進めています。
 また、定期的にステークホルダー・ダイアログを実施し、社外の視点からの評価を把握することで実効的な社会貢献活動につなげています。
 今後も、企業行動基準に規定した「会社と社会との関係」の考え方をベースに、積極的な取り組みを進めていきます。

企業行動基準-「会社と社会との関係」

住友ゴムグループは、良き企業市民として社会・地域社会への貢献活動および地球環境保全への取り組みを積極的に進めます。

 
住友ゴムグループは、「CSR 活動基本理念」に基づき、持続可能な社会の実現に貢献し、
社会から信用される企業グループを目指します。
役員および社員は、住友ゴムグループが地域社会から歓迎され、信頼されるよう、地域社会に密着した社会貢献活動に努めなければなりません。
住友ゴムグループは、環境関連の法令を遵守するのはもちろんのこと、事業活動や提供する
製品・サービスが地球全体の環境にできる限り負荷を与えないよう最大限の努力をします。
 

NGO・NPOとの協働

 住友ゴムグループ

 NGO・NPOとの協働などを通じ、多様なステークホルダーとの交流・対話を推進しています。また、東日本大震災の復興に向け、現地NPO団体と連携して育苗などのボランティア活動を実施しています。
 ほかにも、認定特定非営利活動法人市民活動センター神戸、特定非営利活動法人SEINから従業員向けのボランティア活動情報の提供を受けています。また特定非営利活動法人颯爽JAPAN主催のよさこい祭り「KOBE ALIVE」には2009年度から参加し、2014年度からは苗木の無償提供を行っています。
 2017年度は、新入社員を対象にNPO団体との情報交換会を開催する予定で、当社とNPOが「出会い&学びあい」ができる場を設け、協働事業を拡大していきます。

 颯爽JAPANスタッフによる苗木の無償提供 颯爽JAPANスタッフによる苗木の無償提供

 

地域の市民活動団体との対話・協働

 住友ゴムグループ

 住友ゴムグループでは、各拠点の窓口やCSR推進室が主管部署となって地域住民や市民団体などとの対話や協働を積極的に進めています。また、さまざまなステークホルダーの工場(ものづくり)や技術(評価)の見学会や情報交換会などによる対話を推進し、地域とのつながりを深めています。対話を通じて、ステークホルダー目線で事業活動がコミュニティに与える影響や課題の把握に努めています。
 いただいたご意見などは、必要に応じて関連部署と調整し、経営会議で内容を審議し、各窓口にフィードバックしたり、サービスの改善や、社会的・経済的価値の創出につながる社会貢献活動に活かしたりしています。
 2016年度は、国内拠点で延べ232の社会貢献活動に取り組み、2017年度も2016年度以上の活動を計画しています。

 

CSR基金

冊子  住友ゴム工業

 住友ゴム工業は、2009年度に、事業所がある地域における社会問題の解決に取り組む団体を資金面で支援するため、「住友ゴムCSR基金」を設立。これは、趣旨に賛同した従業員と会社との「マッチングギフト方式」で運営しており、助成団体は事業所とNPO中間支援センターの推薦などをもとに選定しています。
 2016年度は、福島県・東京都・愛知県・大阪府・兵庫県・宮崎県、初の国外となるタイの7地域32団体に計696万円の助成金を拠出しました。

CSR基金の累計助成額(住友ゴム工業単体)

CSR基金の累計助成額


 ニュースリリース(2017年4月)「住友ゴムCSR基金2017年度助成を実施」


 

地域に密着した活動

冊子 住友ゴムグループ

 住友ゴムグループは工場近隣の住民との地域に密着した社会貢献活動を進めています。従業員が主体となって、住民の皆様と交流する催しを企画し、相互理解できる環境を醸成することで信頼関係を深め、課題解決に取り組んでいます。
 2016年4月に発生した熊本地震では、被災地への義援金として、会社(住友ゴム/ダンロップスポーツ)およびグループ従業員から募った義援金6,413,118円を、日本赤十字社を通して寄付いたしました。また、復興支援のボランティア活動として、5月21日~7月31日の間、宮崎工場・ダンロップゴルフクラブ工場の従業員総勢63名が、避難所の清掃活動や炊き出しの手伝いを行いました。損壊した住宅の廃棄物や瓦礫の処理・運搬などに汗を流し、現地の方から感謝の声をいただくなど、参加者にとっても有意義な活動となりました。
 今後も拠点のある地域で自治体との連携や周辺住民との交流を積極的に実施していきます。

 収集した廃棄物収集した廃棄物
ステークホルダーの声
社会福祉法人御船町社会福祉協議会(熊本県)地域福祉係 中島 直子 氏

社会福祉法人
御船町社会福祉協議会(熊本県)
地域福祉係

中島 直子 氏

被災者とボランティアをつなぎ熊本の復興を目指します
 熊本地震では、住友ゴム工業様から幾度も災害ボランティアとして、がれき処理や家屋の片付けなどにご協力いただきました。全国からの応援によって、私たちは少しずつですが復興に向かっています。
 一概に災害ボランティアといっても、時期によって被災者のニーズは変化していきます。今何に困っていて、何が求められているかを情報発信するなど、今後も被災者とボランティアをつなぐ役割を果たしていきます。

地域との交流活動 国内だけでなく、海外工場でもGENKI活動を推進しています。
 2016年4月30日タイ・テニスボール工場にて、子供が遊ぶ小学校の遊器具へのペンキ塗りや芝生を植えました。先生達と共にとても良い汗を流し、子どもたちの喜ぶ顔を見ることができました。

 近隣小学校のペンキ塗り活動(タイ・テニスボール工場)近隣小学校のペンキ塗り活動(タイ・テニスボール工場)


Topics 住友ゴム工業

宮崎工場が緑化推進運動功労者内閣総理大臣表彰を受賞

 宮崎工場は、緑化活動の推進・緑化思想の普及啓発に顕著な功績のあった団体などを表彰する「緑化推進運動功労者内閣総理大臣表彰」を受賞しました。
 同工場は、①工場内での緑化活動(周辺の住宅街に配慮し敷地境界で高木を植樹、社員手づくりのビオトープ設置)、②地域との協働活動(どんぐりの育成・苗木の寄贈、絶滅危惧Ⅱ類ヒゴタイの育成・地域や小中学校への植栽による種の保全活動)、③社員の環境意識向上(社内グリーンカーテンコンテスト、地域のボランティア活動への参加)など、環境配慮への取り組みを行っています。
 今後も緑化・生物多様性保全活動を通じて、社会・環境に貢献していきます。

 表彰式の様子表彰式の様子
泉大津市教育委員会からGENKI活動「見守り隊」に感謝状授与
 

 泉大津地区GENKI活動では、2009年から近隣の戎小学校「見守り隊活動」に協力しています。この活動は、保護者や自治会、福祉協議会などの皆さんと黄色の旗を持って道路に立ち、下校中の子どもたちを見守るものです。このたび、長年にわたり地域の安心・安全に貢献してきたことが認められ、昨年12月1日に泉大津市教育委員会および泉大津市立戎小学校から感謝状を頂きました。この活動に携わった全ての方に感謝するとともに、泉大津地区GENKI活動は今後も地域・社会に貢献し、愛される工場を目指した活動を続けていきます。

 子ども見守り活動 子ども見守り活動
市島工場、緑化優良工場等経済産業大臣賞を受賞
 

 市島工場は、工場緑化を積極的に推進し、工場内外の環境向上に大きく貢献したとして「平成28年度緑化優良工場等経済産業大臣賞」を受賞しました。
 同工場は敷地面積の約70%が原生林、造成林、花壇、芝地などの緑地となっています。準絶滅危惧種である国蝶「オオムラサキ」の育成や、湧水を利用した溜池式・自然浄化型ビオトープによる絶滅危惧種のホトケドジョウ保護・成育といった環境保全活動を行っているほか、地域でのボランティア活動などにも取り組んでいます。2008年には「日本緑化センター会長賞」を、2011年には「緑化優良工場等近畿経済産業局長賞」を受賞しており、今回最上位となる経済産業大臣賞の受賞となりました。

 市島工場、緑化優良工場等経済産業大臣賞を受賞経済産業大臣賞を授与される市島工場長(左)

 

多様な社会共生の支援

住友ゴムグループ

 住友ゴムグループは、障がい者スポーツが社会的に注目されるなか、その振興に寄与すべく、さまざまなスポーツ大会を協賛しています。
 特に、愛知県・兵庫県でそれぞれ開催されている車いすテニス大会では、ボランティアに参加するとともに、2009年度から冠スポンサーとして「国際車いすテニストーナメントDUNLOP KOBE OPEN」に特別協賛しています。
 そのほか、2005年度から障がい者と健常者、青少年が参加できるモータースポーツ カートレース「ハンドドライブ・クロス大会」に協賛しています。
 今後も、このような活動を継続し、障がい者・健常者を問わず、すべての人が共生できる社会の形成に貢献していきます。

 DUNLOP KOBE OPENでのボランティアDUNLOP KOBE OPENでのボランティア


 

子どもたちへの教育支援

住友ゴムグループ

 2010年度から特定非営利活動法人環境21の会と協働し「ダンロップ環境教室」を兵庫県内の学校などで実施しています。「ダンロップ環境教室」はさまざまな実験・体験を通して地球温暖化をはじめとする環境問題について学び、自分に何ができるかを考えることをテーマとした出前環境教室です。2016年度は小学校や中学校、高校など10カ所で開催し、計276名にご参加いただきました。
 また、2009年度から特定非営利活動法人コアネットと協働し神戸市などの小学校で実施している「ダンロップものづくり教室」は、2016年度は6つの小学校で開催、合計542名にご参加いただきました。
 そのほか、CSR基金における助成先としてタイ ウドンタニ県の中学生に奨学金(教育支援)を行っています。

 ダンロップ環境教室(ケナフを用いたクリスマスカードづくり)ダンロップ環境教室(ケナフを用いたクリスマスカードづくり)

ダンロップものづくり教室(電池で動くおもちゃづくり)
ダンロップものづくり教室(電池で動くおもちゃづくり)


 

社会的課題に対する業界での取り組み

住友ゴムグループ

 住友ゴムグループは、2006年1月に、世界30カ国以上190社の国際企業のトップが話し合いをする「WBCSD(World Business Council for Sustainable Development:持続可能な発展のための世界経済人会議)」に参加して、そのセクターの一つであるタイヤプロジェクト(TIP:Tire Industry Project)で取り組みを進めています。
 同プロジェクトでは、世界の主要タイヤメーカー11社で構成されたメンバーが共通の課題としてタイヤ用原材料やタイヤの摩耗粉塵が安全、健康、環境に及ぼす影響に関する調査などを行っています。さらに2014年度からは、CSR報告書で開示する環境指標の統一についても検討を行っています。



 

ページトップへ 

住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー