本文へジャンプ
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

NewsRelease

このページを印刷する
 
 
                
名寄タイヤテストコースを拡張

2004/08

 SRIグループの住友ゴム工業(株)は、北海道名寄市に所有する名寄タイヤテストコースの拡張を本年5月に開始し、現在拡張工事を進めています。工事完成は2005年10月を予定しています。

 今回の名寄タイヤテストコースの拡張は、寒冷・降雪地域での高速性能評価の充実や北米向け新車装着のオールシーズンタイヤの評価拡充などに対応することを目的として、実施されました。敷地面積は現行のままで、評価路面の面積を拡張するというものです。
 SRIグループは総合的な機能を有する岡山タイヤテストコースと、冬季乗用車用タイヤ専用の名寄タイヤテストコース、冬季トラック・バス用タイヤ専用の旭川タイヤテストコースの3箇所を所有しています。岡山タイヤテストコースでは、主に操縦安定性能、3種路面によるブレーキ性能、ハイドロプレーニング性能、振動騒音、乗心地などを、また名寄、旭川タイヤテストコースでは凍結路や雪上でのハンドリング性能、グリップ性能、ブレーキ性能などのテストが行われ、タイヤ開発と性能評価に取り組んでいます。

 
 拡張内容
 
   現行   拡張後   拡張部分 
 周回路長さ
1,700
2,200
 
+500
 評価路面面積
19万2
25万2
 
+ 6万2
 
 敷地面積87万m2は現行通り
 
 拡張の概略図
 
 名寄タイヤテストコースの仕様
 コース仕 様用 途
1周回路圧雪●ハンドリングテスト
●ワンダリングテスト
2総合試験路
 (計測用路面を兼ねる)
圧雪&氷盤●トラクションテスト
●ブレーキテスト
3登坂路圧雪&氷盤
勾配:4%、6%、10%、13%
●登坂テスト
4市街地模擬コース
  (ツルツル路面を模擬)
氷盤交差点を有する●発進・加速・ブレーキ性能テスト
5S字氷盤路氷盤路●氷盤上での旋回性能テスト
6旋回8の字路圧雪路●圧雪路での旋回性能テスト
 

 
ページ最上部へ

住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー