本文へジャンプ
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

NewsRelease

このページを印刷する
 
          

オールシーズンランフラットタイヤをトヨタのレクサスSC430向けに納入開始

       
 

2004/10

 SRIグループのダンロップグッドイヤータイヤ(株)は、サイド補強式のダンロップオールシーズンランフラットタイヤ(DSST CTT)をトヨタの北米向レクサスSC430向けに本年8月より納入を開始しました。
 
  サイズ・パターン名は、P245/40R18 93V SP SPORT 5000M A/S DSST CTTです。

 サイド補強式のランフラットタイヤは、空気圧がゼロになってもサイドウォールの補強層で荷重を支えることにより、所定のスピードで一定距離を走行できるタイヤです。従来のランフラットタイヤはこの補強層の影響で一般タイヤに比べ乗心地が硬く、重いという課題がありました。今回、レクサスSC430に装着されるダンロップのランフラットタイヤDSST CTTは、タイヤ形状に独自のラウンド形状プロファイルCTTを用いていることでパンク時に荷重を支える補強層をサイドウォールに持ちながら、乗心地と軽量化を高い次元で両立しています。
 また、従来形状をもつ超低偏平タイヤでは接地形状が横長になり雪上性能の確保も課題でしたが、独自のラウンド形状プロファイルCTTを用いることで40%シリーズという超低偏平サイズでありながら接地形状を65%シリーズ並みに縦長化でき、北米向オールシーズンとして優れた雪上性能をもった40%シリーズ超低偏平オールシーズンランフラットタイヤの開発に成功しました。

  
 当社は今後もランフラットタイヤの需要ニーズを先取りし、積極的に拡販に努めて行きます。

ページ最上部へ

住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー