本文へジャンプ
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

NewsRelease

このページを印刷する
 
 


 
                       ダンロップ デジタイヤ「 DRSII」を駆使した 
                                          ディレッツァ   スポーツ  ズィーワン  
      スポーツラジアルタイヤ 「DIREZZA SPORT Z1」 を新発売

 
 

2005/1

 SRIグループのダンロップファルケンタイヤ(株)は、独自のシミュレーション技術「DRSII」を駆使したスポーツラジアルタイヤ「DIREZZA SPORT Z1」を4月1日より発売します。
  

 「DIREZZA SPORT Z1」は独自のシミュレーション技術「DRSII」を駆使し、「グリップ」の追及と「耐久性」、「耐熱ダレ性」の向上を実現したスポーツラジアルタイヤです。「Z1専用コンパウンド」、「ハイレスポンス方向性パターン」、「ワイドラウンドプロファイル/高剛性構造」を採用し、ダンロップスポーツラジアルタイヤの最高峰が完成しました。スポーツカーでスポーツ走行を楽しむユーザーに適した本格スポーツラジアルタイヤです。 
 サイズは全 27サイズ(35/40/45/50/55/60シリーズ、14~18インチ)、価格はオープンプライスです。

 

 
■ 特長

◎ ハイグリップと耐熱ダレの両立
 
 「グリップ重視型高分子ポリマー」、「高充填微粒子カーボン」、「熱ダレ抑制剤」を配合した「 DIREZZA SPORT Z1 専用コンパウンド」を採用しました。グリップ向上と耐熱ダレ抑制を両立させ、サーキット走行での安定したラップタイムを可能にしました。

 

 

◎ ハイレスポンスの実現
 
 ハイレスポンスを実現した「ハイレスポンス方向性パターン」を採用しました。 4本の「波状ストレートグルーブ」がコーナーリング時でもしっかり路面を捉え、より広く安定した接地面積を確保しました。セミスリックタイヤ並のLAND比と大型の高剛性ブロックが「DIREZZA SPORT Z1 専用コンパウンド」のハイグリップを路面に伝え、より高いレスポンスを発揮します。

 

 

◎ 限界コントロール性/ドリフトコントロール性能向上
 
 接地幅が広く丸い形状のワイドラウンドプロファイルを新採用しました。高い限界コントロール性とドリフトコントロール性を実現しました。また、高剛性構造を採用することにより、コーナーリング時のグリップ向上と限界グリップ時のコントロール性を上げています。これらはダンロップデジタイヤ「 DRSII」のドリフトシミュレーションで検証しています。

 

 
 
■ サイズ
<35・40シリーズ><45・50シリーズ><55・60シリーズ>
275/35R18 95W245/45R18 96W205/55R16 89V
265/35R18 93W225/45R18 91W195/55R15 84V
255/35R18 90W245/45R17 95W205/60R15 91H
245/40R18 93W235/45R17 93W195/60R14 86H
235/40R18 91W225/45R17 90W185/60R14 82H
225/40R18 88W215/45R17 87W175/60R14 79H
265/40R17 96W225/45R16 89W 
255/40R17 94W225/50R16 92V 
245/40R17 91W205/50R16 87V 
235/40R17 90W195/50R15 82V 
215/40R17 83W  

 
ページ最上部へ

住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー