本文へジャンプ
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

NewsRelease

このページを印刷する
 


 
CIK公認レーシングカート用タイヤ
3種類をモデルチェンジ 「DCS」「DCM」「W10」を新発売 

 
 

2005/2

 SRIグループのダンロップファルケンタイヤ(株)は、 CIK公認レーシングカート用タイヤの商品3種類をモデルチェンジし、2月1日から発売しました。

 
ハイグリップソフトが「 DCS(SLICK)」、ハイグリップミディアムが「DCM(SLICK)」、そしてウェットが「 W10(KT10)」で、価格はオープンプライスです。これまでのレースで培ったノウハウを注入して従来品からの性能向上を図ったものです。 
  
 CIK=Commission Internationale de Karting
   INTERCONTINENTAL(A,C,E)クラスのレースにはCIKホモロゲート・タイヤの使用が義務付けられています。
 

 

「DCS」「DCM」
  
「W10」
 

■ 特長

 「DCS」ハイグリップソフト(従来の「DBS」)
  幅広い温度域で高いグリップを発揮するソフトコンパウンドと高剛性構造のコンビネーションにより、スプリントレースで要求される高性能と安定性を実現
   
 「DCM」ハイグリップミディアム(従来の「DBM」)
  中・高温時や高μ路面をメインに、幅広いコンディションでの性能安定性を重視したミディアムコンパウンドの採用により、オールラウンドな高性能を実現
   
 「W10」ウェット(従来の「W8」)
  ソフトコンパウンドに新発想の前・後輪別パターンを採用 
新たなグリップを追求したウェット専用タイヤ
 
■サイズ
 「DCS」フロント10 X 4.50 - 5SLICK
  リア11 X 7.10 - 5SLICK
 「DCM」フロント10 X 4.50 - 5SLICK
  リア11 X 7.10 - 5SLICK
 「W10」フロント10 X 4.50 - 5KT10
  リア 11 X 6.50 - 5KT10

ページ最上部へ

住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー