本文へジャンプ
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

NewsRelease

このページを印刷する
 
 


 
名古屋工場、白河工場、宮崎工場が
完全ゼロエミッションを達成 

 
 

2005/2

  SRIグループの住友ゴム工業(株)は、このたび、タイヤ製造工場である名古屋工場 (愛知県豊田市) 、白河工場 (福島県白河市) 、宮崎工場 (宮崎県都城市) の 3工場において、埋立廃棄物を完全に無くした「完全ゼロエミッション」を達成しました。
 
 SRIグループは、2003年に日本のタイヤメーカーでははじめて本社および国内全工場で、また2004年にはインドネシアの工場でも、埋立廃棄物の発生を全廃棄物排出量の1%未満に抑える「ゼロエミッション」を達成しましたが、2004年1月からは埋立廃棄物の発生を完全にゼロにする「完全ゼロエミッション」を目標に掲げ、活動を行ってきました。従来はリサイクルが困難であった耐火煉瓦や薬品汚泥、また一般廃棄物である陶磁器・ガラスなどの埋立廃棄物をいかにリサイクルするか大きな課題でしたが、全国規模でリサイクル処理業者を探し、埋立廃棄物を完全に無くすことに成功しました。
 
  
完全ゼロエミッションを 2005年末までに国内全6工場で達成しようと、グループ全体で取り組んできましたが、名古屋工場、白河工場、宮崎工場のタイヤ3工場が1年前倒しで目標を達成しました。残り3工場は現在目標に向けて鋭意努力中です。
 
 SRIグループは 地球環境の保全を最重要課題のひとつと位置づけ、今後も環境負荷低減に向けた取り組みを積極的に推進していきます 。
 
名古屋工場、白河工場、宮崎工場の概要
 名古屋工場白河工場宮崎工場
操業開始1961年1974年1976年
ISO14001取得1997年1997年1997年
ゼロエミッション達成2001年2001年2003年
 

 
ページ最上部へ

住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー