本文へジャンプ
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

NewsRelease

このページを印刷する
 
 


ダンロップとファルケンの専業店販促支援策

「DFS(ダンロップファルケンショップグループ)」として一元化
 
 

2005/7

 SRIグループのダンロップファルケンタイヤ(株)は、7月1日に実施しましたタイヤ投資代理店の再編に併せて、ダンロップ系列とファルケン系列の2系列で展開してきました専業店販促支援策を統合し、2006年1月から「DFS(ダンロップファルケンショップグループ)」として一元化し、強化していくことを決定しました。
 
 現在、ダンロップ系列の「DTS(ダンロップタイヤショップグループ)」は、854店を対象に各種支援策を展開し、また、ファルケン系列の「FTS(ファルケンタイヤステーショングループ)」は、155店を対象に施策を展開していますが、2006年からはこれらを一元化し、販促支援策を強化していきます。この一元化により、より基盤の安定した、元気のある系列専業店を育成し、新規加入も含め、2007年迄には1300店の加盟を目指しています。

 
 支援策の4つの柱 
 1.店づくり支援策:(1)新規出店、リニューアル時の相談
  (2)店舗設計、レイアウトの相談
  (3)応用工器具、店舗什器支援
  (4)マーチャンダイジング支援
  (5)店舗オペレーション支援
  (6)オープン支援  等
 2.人づくり支援策:(1)経営者セミナー
  (2)後継者セミナー
  (3)実務スキルアップ研修
   (店長研修、スタッフ研修、店舗演出研修、POP研修) 等
 3.顧客づくり支援策:(1)需要期キャンペーン支援 
  (2)各種販促チラシ、ツールの斡旋 
  (3)リピーターツールの斡旋 
  (4)ホームページ  等 
 4.品づくり支援策:(1)関連用品の斡旋(50社のサプライヤーと契約し、関連用品の斡旋)
  (2)用品仕入先の相談  等
 

 なお、専業店を対象とした損害保険「ショップ総合保障プラン」の運用やクラス別の年間優秀店の表彰制度(全国表彰、地区表彰)なども導入していきます。


 
ページ最上部へ

住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー