本文へジャンプ
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

NewsRelease

このページを印刷する
 
 


国内市販用タイヤの値上げについて

 
 

2005/7

 SRIグループの住友ゴム工業(株)は、昨今の原油高に伴う石油化学製品高騰の影響を受け、国内市販用タイヤのメーカー出荷価格を2005年9月1日より改定いたします。
対象商品は一部商品を除く全カテゴリーとし、改定率は約4~4.5%となります。

 
 昨年5月には、天然ゴム価格の高騰を主な理由として、国内市販用タイヤ価格を平均5%値上げいたしましたが、その後、原油高の影響による合成ゴム、カーボンブラック等の価格高騰が継続、加えてスチールコード価格の上昇により、タイヤ原材料価格が当初予想を大きく上回る高騰を続けております。
 
  一方で、生産効率向上、工程改善によるコスト低減に努めておりますが、今般の原材料高騰はそれを上回り、企業努力によってそれらを吸収するのは困難と判断されるため、上昇分について商品価格に反映することを決定いたしました。
 
 尚、海外については既に各市場向けで価格改定を実施しております。

 

 
ページ最上部へ

住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー