本文へジャンプ
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

NewsRelease

このページを印刷する
 


SRIグループ国内全6工場で完全ゼロエミッションを達成

 
 

2005/7

 SRIグループのSRIスポーツ(株)とSRIハイブリッド(株)は、6月末日付けで、各々の市島工場(兵庫県丹波市)および加古川工場(兵庫県加古川市)において、埋立廃棄物を完全に無くした「完全ゼロエミッション」を達成しました。SRIグループでは、すでに達成済みであった住友ゴム工業(株)の名古屋工場(愛知県豊田市)、白河工場(福島県白河市)、宮崎工場(宮崎県都城市)、泉大津工場(大阪府泉大津市)の国内タイヤ全4工場を含む国内全6工場における完全ゼロエミッションの達成を2005年末の目標としていましたが、このたびの2工場での達成により、計画より半年早い達成となりました。

 国内6工場の埋立廃棄物は2000年には年間3,750トンありましたが、完全ゼロエミッションの達成を目指し全社をあげて取り組んだ結果、2004年には50トンとなっていました。

 
 SRIグループの完全ゼロエミッション達成への足取りは以下の通りです。
 1. 2003年12月本社および国内全工場でゼロエミッション*を達成(業界初)
 2. 2004年12月インドネシア子会社がゼロエミッションを達成
 3. 2004年12月国内タイヤ3工場で完全ゼロエミッションを達成
 4. 2005年3月国内タイヤ全4工場で完全ゼロエミッションを達成 (業界初)
 5. 2005年6月国内全6工場で完全ゼロエミッションを達成 (業界初)
      *ゼロエミッション:埋立廃棄物の発生を全廃棄物排出量の1%未満に抑えること
 
 SRIグループでは、地球環境保全活動を経営の最重要事項の一つとして位置づけており、ISO14001に基づく環境マネジメントシステムをグループ全体にわたって構築。環境負荷の少ない製品の開発・販売やリサイクルの推進をはじめ、コージェネレーションシステムの導入などによる省エネルギー化やCO2の排出量の削減、大気汚染の原因となる有機溶剤の使用量削減、グリーン購入の推進などの活動を行っています。今後も、持続可能で環境負荷の少ない経済社会を構築していくことが重要であるとの認識のもと、SRIグループは地球環境保全活動に取り組んでまいります。
 
 SRIグループ国内6工場の概要
 操業開始生産品目ISO14001
認証取得
ゼロエミッ
ション達成
完全ゼロエミッ
ション達成
名古屋工場1961年 タイヤ1997年2001年 2004年12月
白河工場1974年 タイヤ1997年2001年 2004年12月
宮崎工場1976年 タイヤ1997年2003年 2004年12月
泉大津工場1944年 タイヤ1998年2003年 2005年3月
市島工場1996年 ゴルフボール1998年2001年 2005年6月
加古川工場1972年 テニスボール、
 産業用ゴム製品他
1998年2002年 2005年6月
 

ページ最上部へ

住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー