本文へジャンプ
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

NewsRelease

このページを印刷する
 


 
『DIREZZA』装着車両
全日本ラリー選手権開幕戦総合ワン・ツーフィニッシュを達成!

 
 

2006/4

 

 ダンロップのモータースポーツで培われたテクノロジーを結集したタイヤ『DIREZZA』を装着した車両が、4月7日(金)~9日(日)佐賀県唐津市にて開催された全日本ラリー選手権開幕戦「ツール・ド・九州2006 in 唐津」において総合ワン・ツーフィニッシュを達成。またJN-2クラスでも優勝し、2クラスを制覇しました。

 今季よりダンロップ『DIREZZA』を装着するスバルラリーチームジャパン・インプレッサ(勝田/北田組)は序盤から快走しトップを維持、2日目も安定した走りを見せて総合優勝、JN-4クラス1位を獲得しました。また、think3・DLインプレッサ(北村/晝田組)も総合2位となり見事ワン・ツーフィニッシュを達成しました。更にJN-2クラスでもミツバ レビン(高橋/船木組)が優勝。総合順位でも8位と大健闘しました。
 さらなる高みを目指すダンロップのモータースポーツ活動。その高い技術が反映されたスポーツブランド『DIREZZA』。今後もこのテクノロジーを基にダンロップは進化していきます。

 
2006JAF全日本ラリー選手権 第1戦 結果
 
 □開催名ツール・ド・九州2006 in 唐津 (佐賀県唐津市)
 □開催期間4月7日(金)~9日(日)
 □結 果 
 総合順位クラス別順位ドライバー/コ・ドライバー車 種
 優勝JN-4クラス1位勝田範彦/北田 稔スバルラリーチームジャパン・インプレッサ
 2位JN-4クラス2位北村和浩/晝田満彦think3・DLインプレッサ
 8位JN-2クラス1位高橋悟志/船木一祥ミツバ レビン
 
 
           JN-4クラス 優勝 勝田/北田組                表彰式
 
画像のダウンロードは報道関係者の方のみとなっております。ご了承ください。
ページ最上部へ
住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー