本文へジャンプ
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

NewsRelease

このページを印刷する
 


    「社会・環境報告書2006」を発行 
 
 

2006/7

 

 住友ゴム工業(株)は、この度、2005年度の社会・環境活動をまとめた「社会・環境報告書2006」を発行しました。

 
 住友ゴムは、環境省の「環境報告書ガイドライン」に基づき2001年度版から毎年「環境報告書」を発行しています。2005年度版からは「社会・環境報告書」と名称を変更し、地球環境保全に関する取り組みの他、コンプライアンスや労働安全衛生などの社会的側面に関する活動についても、より広範囲に説明・開示するよう努めてきました。
 今回発行した「社会・環境報告書2006」では、さらに、「次の世代のために」というサブタイトルで、次世代のための3つの取り組みを解説した「特集」を組むなど、企業からの一方的な情報網羅的報告書に終始せず、「住友ゴムグループらしさ」が伝わるような内容としました。

 
 
 本年度の報告書に新たに加わった項目は以下の通りです。
 1.住友ゴムグループのバックボーン
 2.特集:次の世代のために
  (1)70%石油外資源タイヤ「ENASAVE ES801」の開発ストーリーと、2008年を目標とした「97%石油外資源タイヤ」開発への挑戦
  (2)国内全6工場の完全ゼロエミッション達成と国内・海外のタイヤ全6工場でのゼロエミッション達成
  (3)モノづくりの基本となる「現地現物の思想」と「科学的な仕事の進め方」を身につけた人材の育成を目的とした技術検査制度
 3.海外事業所のサイトデータ
  国内工場に加え海外4工場の取り組みと大気/水域への排出状況
 4.第三者所感
   
 2005年度社会・環境活動の主たる成果は以下の通りです。
 1.国内・海外主要全10工場がISO14001認証取得を完了
 2.国内工場の生産量は前年比5%増加したが、タイヤ全4工場でのコージェネレーションシステム完成によりCO2排出量が1%削減
 3.市島工場と加古川工場の達成により国内主要全6工場で完全ゼロエミッションを達成
 4.有機溶剤排出量は原単位で2000年比39%削減
 5.海外製造子会社の成果
  (1)マレーシア工場、中国(常熟・蘇州)工場がISO14001認証を取得
  (2)中国(常熟・蘇州)工場がゼロエミッションを達成
  (3)中国(常熟・蘇州)工場が「環境報告書」を発行
 
 当社グループは、企業の社会的使命を果すために、広く地域・社会に貢献し、期待され信頼され愛される「グローバルエクセレント企業」として、快適で魅力ある新しい生活価値を創出し続けることができるよう努力を重ねていきます。
 なお、「社会・環境報告書2006」は、当社グループのホームページの中に「環境への取り組み」のページでご覧いただけます。ホームページアドレスは、http://www.srigroup.co.jpです。
 
 
画像のダウンロードは報道関係者の方のみとなっております。ご了承ください。
ページ最上部へ
住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー