本文へジャンプ
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

NewsRelease

このページを印刷する


2006年全日本ダートトライアル選手権
『DUNLOP』装着車がシリーズチャンピオンを獲得
 
 

2006/9

 2006年9月10日(日)、門前モータースポーツ公園(石川県)で開催された「JAF全日本ダートトライアル選手権 第7戦」において、『DUNLOP SP SPORT 73-R』装着車が上位を占め、柴田一洋選手、原宴司選手、小清水昭一郎選手がそれぞれN1クラス、N2クラス、SC2クラスで2006年シリーズチャンピオンを獲得しました。

 前回(第6戦)における北村選手のチャンピオン獲得と合わせ、9クラス中で4クラスのシリーズチャンピオンを獲得しました。原選手は6年連続、小清水選手は2年連続のチャンピオン獲得となります。

  これからもダンロップはモータースポーツのトップカテゴリーで活躍しながら、そこで磨かれたテクノロジーを市販タイヤにフィードバックしていきます。
 
   
柴田一洋選手(DソルジャDLゼロスインテグラ)
タイヤサイズ:フロント/リア 185/60R15
 車  種:ホンダ インテグラ
原宴司選手(DLゼロオクヤマPガレブーン)
タイヤサイズ:フロント/リア 185/65R14
 車  種:ダイハツ ブーン
小清水昭一郎選手(ハートDLDCCSミラジーノ)
タイヤサイズ:フロント/リア 185/65R14
 車  種:ダイハツ ミラジーノ

画像のダウンロードは報道関係者の方のみとなっております。ご了承ください。
ページ最上部へ
住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー