本文へジャンプ
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

NewsRelease

このページを印刷する
 


 
岡山タイヤテストコース20周年祭開催

 
 

2006/11

 
 住友ゴム工業(株)の岡山タイヤテストコースは、本年5月に開設20周年を迎え、去る10月28日(土)にテストコース開設20周年祭を開催しました。 

  午前の式典には岡山県や美作市から来賓をお招きし、また地域住民代表として近隣3地区の区長にもご参加いただきました。住友ゴム取締役専務執行役員、タイヤ技術本部長である高橋久雄の挨拶に続き、第三実験部長中谷彰宏はテストコースを代表して地域の皆さんと協力企業の方々に感謝し、「今後とも皆様に感動して頂けるタイヤを作り続けていきたい」と述べました。式典は地元の三星太鼓保存会の皆さんが太鼓演奏で盛り上げ、ドライバーの華麗なドライブテクニックを体験できる試走会には、参加者の長い列ができました。澄んだ秋空の下、式典は午前10時に始まり、12時45分に終了しました。

 午後は、タイヤテストコースに勤務する従業員とOBの参加により、アームレスリング、カラオケ、クイズとバーベキューで盛り上がりました。全員日頃の忙しさを忘れて楽しい一時を過ごしました。全プログラムは午後5時に終了しました。

 住友ゴムの岡山タイヤテストコースは、高品質・高性能のタイヤを提供するため、日々厳しいテストを繰り返しています。なお、住友ゴムには他に北海道名寄市と旭川市に2つの冬用タイヤテストコースがあります。
 
岡山タイヤテストコース概要
  
所在地:岡山県美作市真加部740
開設:1986年5月
総面積:100万m2
 
画像のダウンロードは報道関係者の方のみとなっております。ご了承ください。
ページ最上部へ
住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー