本文へジャンプ
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

NewsRelease

このページを印刷する
 


ネッツカップ ヴィッツレース2006
『DIREZZA SPORT Z1』装着ドライバーが2地区でシリーズ優勝

 

2006/11

 
 ナンバー付きのノーマル車両を使用し、一般市販ラジアルタイヤを使用したモータースポーツの入門レースとして人気の「ネッツカップ ヴィッツレース2006」において、『DIREZZA SPORT Z1』を装着した舘彰司選手と河村直樹選手が、それぞれ北海道シリーズ、関西シリーズでシリーズチャンピオンを獲得しました。 

  舘彰司選手は、北海道シリーズ全3戦中2戦で優勝、2位1回を獲得し、シリーズチャンピオンになりました。また、河村直樹選手も関西シリーズ全5戦中2戦で優勝、2位2回を獲得し、同じく同地区のチャンピオンとなりました。 

  ダンロップ『DIREZZA SPORT Z1』を装着した両ドライバーの活躍により、『DIREZZA SPORT Z1』の優れたグリップ力、コントロール性能の高さが実証されました。
 
 
   
 舘彰司選手(ネッツ札幌DLワコーズVITZ)
北海道シリーズチャンピオン
  河村直樹選手(SRヤサカBP光生WM Vitz)
関西シリーズチャンピオン
 
画像のダウンロードは報道関係者の方のみとなっております。ご了承ください。
ページ最上部へ
住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー