本文へジャンプ
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

NewsRelease

このページを印刷する
~道路の凍結状態をWEBで知らせる~          
SRI研究開発が『2007年度秋田つるナビ社会実験』に路面センサー技術で参画 

 

2007/12

 住友ゴムグループのSRI研究開発(株)は、2007年12月21日より開始される『秋田つるナビ社会実験』に、昨年度に引き続き、独自の路面センサー技術で参画します。この社会実験は、秋田大学 土木環境工学科 浜岡秀勝准教授をリーダーとして行われるもので、約100台の実験車両が秋田市を中心とする冬季の道路を走行することにより路面情報を収集し、インターネットの専用ホームページで路面凍結地点の情報を提供します。
 
<実施内容>
 冬季の交通事故の低減を目指し、路面凍結情報の提供による安全運転支援の研究が2004年度より国土交通省のプロジェクトとしてスタートし、当社は2006年度より当プロジェクトに路面センサー技術で参画しております。当社は路面凍結情報を配信するための基礎実験を実施し、この実績に基づきGPSによる速度を正確に求める技術を持つ古野電気(株)と技術協力して、走行中に路面の滑りぐあいを自動的に計測する装置を開発しました。そして、本年度はその装置をスバル技術研究所の協力により一部の実験車両に取り付け、路面パトロールカーとして実験に参加します。 
 
<技術説明>
 この路面センサー技術は、ほぼ一定速度で走行した時にも生じるわずかな速度変化と、その時の路面に対するタイヤのスリップ率の変化を、GPSを用いて測定し、それらの関係から滑り易さを判定する技術で、SRI研究開発(株)が2005年に自動車技術会秋季学術講演会で発表した“GPSを利用した路面の滑り易さ推定技術”に基づくものです。
 実験車両には無線装置が搭載されており、路面情報と位置情報をサーバーに送信します。得られた情報から、滑り易い地点の情報を時間ごとに集約し、インターネット上の地図に示して情報提供を行います。
 
<秋田大学との協力>
 秋田大学が独自に収集するABS情報に基づく危険地点情報と、SRI研究開発(株)が提供する路面滑り易さ情報を組み合わせることで、より精度の高い路面情報の提供を試みます。
 
 凍結路面上を運転中のドライバーへの警報や車両制御を目的に開発したSRI研究開発(株)の路面センサー技術は、路面情報配信技術との融合により、走行するすべての車に役立つ、新たな安全運転への貢献が期待できます。当社は、今後とも冬の安全運転にタイヤメーカーとして様々な角度からの取り組みを進めて行きます。
 
 
添付: 秋田大学における記者発表用資料(PDF)
 

ページ最上部へ

住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー