本文へジャンプ
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

NewsRelease

このページを印刷する
 
「東京オートサロン 2009 with NAPAC」および「東京インポートオートサロン 2009」に
ダンロップブースを出展

2008/12

 
 住友ゴムグループのダンロップファルケンタイヤ(株)は、2009年1月9日から11日まで千葉県・幕張メッセで開催される「東京オートサロン 2009 with NAPAC」と、「東京インポートオートサロン 2009」にそれぞれダンロップブースを出展します。
 
 今回のダンロップブースのコンセプトは「The Origin DUNLOP」。DUNLOPは2009年日本でタイヤ生産を開始し100周年をむかえます。1888年に英国の獣医であるJ.B.ダンロップが空気入りタイヤを発明して以来、ダンロップは様々な革新的な技術を通じ日本のモータリゼーションの発展に貢献してまいりました。本ブースではダンロップが長い歴史の中で生み出した先進的な「テクノロジー」と、自動車レースの黎明期よりダンロップが挑戦し、輝かしい実績を残し続ける「モータースポーツ」を紹介します。
 
 
【展示内容】
<車両展示>
SUPER GTに参戦中の「EPSON NSX」をはじめ、1927年のル・マン24時間レースで優勝したマシンと同型の「ベントレー」、1988年の優勝車「PORSCHE 962C」など、歴史のあるダンロップモータースポーツスピリットを象徴する車両を展示します。
 
<DUNLOP テクノロジーラボ>
ダンロップの先進的な技術である「快適技術」、「環境技術」、「安全技術」を中心にご紹介します。
 
 
また、「東京インポートオートサロン 2009」では、ダンロップの故郷である英国生まれ「MINI」の新旧モデルをはじめ、ダンロップのワンメイクレースで活躍中の「MINI John Cooper Works CHALLENGE」のレースカーも展示します。
 
 
■会期及び会場2009年1月9日(金)~11日(日)
  午前9:00~午後6:00 (最終日11日(日)は午後5:00まで)
  幕張メッセ(日本コンベンションセンター)
   (千葉県千葉市美浜町中瀬2-1)
   
■ブース位置東京オートサロン 2009 with NAPAC 展示ホール4
  東京インポートオートサロン 展示ホール9
 
 
画像のダウンロードは報道関係者の方のみとなっております。ご了承ください。
ページ最上部へ
住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー