本文へジャンプ
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

NewsRelease

このページを印刷する
                  ダンロップ「DECTES」採用
                                                      エスピーロクナナゼロ
       トラック・バス用オールシーズンタイヤ「SP670」新発売

2009/2

 住友ゴムグループのダンロップファルケンタイヤ(株)は、独自のトラック・バス用のタイヤ技術「DECTES:DUNLOP Energy Control Technologies」を駆使した、オールシーズンタイヤ「SP670」を3月から順次発売します。
 
 トラック・バス用オールシーズンタイヤ「SP670」は、「S.A.微粒子カーボンII」と「スクウェア・コンタクト・テクノロジーII」を採用することで、省メンテナンス性と、摩耗後半のウエット性能向上を実現しました。さらに当社従来品「SP660」と比較して、耐摩耗性を20%向上するなど、環境性能にも配慮しています。「SP670」は、ロングライフと省メンテナンスでタイヤコストの削減に貢献します。
発売サイズは10サイズで、価格はオープン価格です。
 
 「SP670」は、環境自社基準を満たしたエコラインアップ商品です。
 
 
■商品名 SP 670(エスピー ロクナナゼロ)
 
■特長
 耐摩耗性20%向上
   キャップトレッド部に分子レベルの材料研究で生まれた「S.A.微粒子カーボンII」と「新ポリマー」を採用することで、耐摩耗性能を当社従来品「SP660」に比較して20%向上しました。
   
  
 
   
  
 
 ■評価サイズ・パターン
  11R22.5 16PR SP670/SP660
 ・SP670と比較品(SP660)において、2台の車両でスクラッチテスト。
  ・チェック時の車両の走行距離と主溝の深さから、残溝3.2mm時点での走行距離を算出して比較
  ・走行路面一般道及び高速道・車両25t車
  ・テスト期間2007年8月17日~2008年7月25日/2007年8月25日~2008年7月24日
  ・実走行距離42,000km、59,098km
  
・推定ライフ(2台平均)SP670 117,597km、SP660 93,738km
 上記テストに関する詳細なデータについては、タイヤ公正取引協議会に届け出てあります。
 
   
 耐偏摩耗性向上
   「スクウェア・コンタクト・テクノロジーII」(SCTII)採用により、荷重変化による接地形状変化を抑え、軽荷重時の耐偏摩耗性能を向上し、ロングライフ化を実現。
   
  
  
 ウエット発進性能向上
   摩耗によるパターン変化を抑えた「5リブ基調パターン」採用で、摩耗後半(75%摩耗時)のウエット発進性能を3%向上。
   
  
   
  
 
 ■評価方法
 ■テスト日2007年4月24日  ■テスト車輌 :三菱ふそう グレート (半積4t積み)
 ■テスト場所住友ゴム 岡山タイヤテストコース
 ■タイヤサイズ11R22.5 16PR
 ■空気圧800kPa
 ■リムサイズ7.50×22.5
 ■路面バサルト (鉄板を想定)
 ■水深放水量で管理
 ■テスト方法3rdギアでアイドリング発進。スタート地点より空転させない様に加速し、40m走行した時の区間タイムを計測。N=10の平均
 
 
■サイズ
 【チューブレスタイプ】
 225/80R17.5123/122L
 245/70R19.5136/134L
 11R22.514PR
 11R22.516PR
 12R22.514PR
 12R22.516PR
 11/70R22.514PR
 275/70R22.5148/145J
 275/80R22.5151/148J
 295/80R22.5153/150J
 

画像のダウンロードは報道関係者の方のみとなっております。ご了承ください。
ページ最上部へ
住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー