本文へジャンプ
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

NewsRelease

このページを印刷する
 
環境省より「エコ・ファースト企業」に認定
業界トップランナーとして、環境保全活動に着実に取り組んでまいります

2009/3

 
 住友ゴム工業(株)は、環境省が創設した「エコ・ファースト制度」に基づき、3月9日、環境大臣に環境保全に対する当社グループの取り組みに関して「エコ・ファーストの約束」を行い、これにより「エコ・ファースト企業」として認定されました。
 
 
 
斉藤環境大臣(左)と三野社長 エコ・ファーストのマーク
 
 住友ゴムグループは、地球環境への取り組みを経営上の最重要課題として位置づけ、持続可能な社会の実現に貢献し、社会から信用される企業グループを目指してきました。本年は、この考え方を表現したメッセージ「for you, for the earth (あなたのために、地球のために)」を導入し、引き続き様々な活動を行っています。その中から次の3テーマを「エコ・ファーストの約束」としました。
 
 住友ゴムグループの「エコ・ファーストの約束」
   
 1.地球温暖化の防止に向けた取り組みを積極的に推進します
重油から天然ガスへの燃料転換、コージェネレーションシステムの導入、全社員参加の省エネルギー活動等を進め、CO2排出量原単位を2010年に1990年比58%以下にします。
   
 2.循環型社会の形成に向けた取り組みを積極的に推進します
2008年3月に国内・海外のグループ全工場において、廃棄物埋め立て量1%未満を実現しましたが、2010年には全工場でこれをゼロにします。
   
 3.独自の先進性を発揮して、環境配慮商品の実用化を推進します
独自のシミュレーション技術を活用し、原材料と燃費の両面から、究極のエコタイヤである100%石油外天然資源タイヤを2013年に上市、さらに、転がり抵抗を50%低減したタイヤを2015年に上市することを目標に、研究開発を進めます。
   
 *詳細は添付資料(PDFファイル)をご参照ください。
 
 住友ゴムは今年創業100周年を迎えますが、今回「エコ・ファースト企業」に認定されたのを機に、次の100年に向け業界の環境トップランナーとして、さらにその活動を推進していきます。
 
 「エコ・ファースト制度」
 環境省が2008年4月に創設した認定制度で、各業界トップランナー企業の環境保全に関する行動を更に促進していくために、企業が環境大臣に対して、京都議定書の目標達成に向けた地球環境対策など、自らの環境保全に関する取り組みを約束するものです。当制度に参加する企業は「エコ・ファースト企業」として認定されます。
(ご参考:http://www.env.go.jp/guide/info/eco-first/index.html)
 
 
画像のダウンロードは報道関係者の方のみとなっております。ご了承ください。
ページ最上部へ
住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー