本文へジャンプ
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

NewsRelease

このページを印刷する
 
インドネシア子会社がタイヤ生産本数累計1億本を達成

2009/5

 
 住友ゴム工業(株)のインドネシア子会社であるピーティースミラバーインドネシアは、4月27日にタイヤ生産本数累計1億本を達成しました。
 
 ピーティースミラバーインドネシアは当社のアジアでのタイヤ生産第1号拠点として1997年4月に操業を開始し、インドネシア国内はもとより日本をはじめ世界各国に高品質のタイヤを供給してきました。同時に環境負荷低減への取り組みも積極的に進めており、2003年にISO14001認証を取得し、2004年12月にはゼロエミッションを達成しました。そして、2008年8月にはインドネシア国内でも最も早く完全ゼロエミッションを達成した企業のひとつとなりました。
 今回の生産本数累計1億本達成は、同社の12年間にわたる品質向上や環境への様々な取り組みがお客様に支持された結果であると考えております。
 今後も品質、安全、コスト、納期、環境を全社一丸となって追求し、世界のお客様に今まで以上に優れたタイヤを供給して参ります。
 
 
1億本達成(タイヤは「VEURO(ビューロ)VE302」) 工場外観
 
ピーティースミラバーインドネシア タイヤ工場概要
 所在地インドネシア、チカンペック
 敷地面積約230,000m2
 従業員数約3,000人
 操業開始1997年4月
 生産品目乗用車用タイヤ、トラック・バス用タイヤ、モーターサイクル用タイヤ、テンポラリー(応急用)タイヤ
 生産能力4,200トン/月
 
 ISO14001認証取得2003年8月
 ゼロエミッション達成2004年12月
 完全ゼロエミッション達成2008年8月
 
 
画像のダウンロードは報道関係者の方のみとなっております。ご了承ください。
ページ最上部へ
住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー