本文へジャンプ
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

NewsRelease

このページを印刷する
 
岡山県の森林整備・保全活動「企業との協働の森づくり」に参加

2009/11

 
 住友ゴム工業(株)は、このたび岡山県が進める「企業との協働の森づくり」に参画し、10月30日(金)に森林所有者である岡山県美作市と「住友ゴムGENKIの森」づくりに関する協定を締結しました。
 
 岡山県の「企業との協働の森づくり」制度は平成19年に始まり、環境保全等社会貢献に関心が高い企業や団体に対し、活動可能な森林の紹介や森林所有者および地域とのコーディネートなどを行うものです。当社が植樹活動を行うのは「住友ゴムGENKIの森」と称する美作市上山の市有林(約1.0ha)で、今後、同市内に拠点を構える岡山タイヤテストコースが中心となり、継続的に植栽及び育林活動を行います。
 
安東・美作市長(左)と当社恩賀常務執行役員
 
 住友ゴムグループでは、植樹によるCO2の吸収で地球温暖化防止に貢献するため、どんぐりを種から育てて植樹する全社活動を展開してきました。2008年からはこれを「住友ゴム森輪工場-どんぐりプロジェクト」と称し、年間2万本、10年間で総植栽本数20万本を目標に活動しています。今回の岡山県美作市「住友ゴムGENKIの森」づくりは、その活動の一環として実施するものです。
 
 本年、創業100周年を迎えた当社は、地球環境への取り組みを経営上の重要課題の一つとして位置づけ、従来から「地球環境に責任を持った企業活動」を進めてきました。本年は、この考え方を表現したメッセージ「for you, for the earth (あなたのために、地球のために)」を導入し、引き続き様々な活動を行っています。また本年3月には環境省から「エコ・ファースト企業」にも認定され、次の100年に向け、業界の環境トップランナーとして、日本国内だけでなく海外のグループ会社も含めた、グローバルな環境活動を推進していきます。
 
画像のダウンロードは報道関係者の方のみとなっております。ご了承ください。
ページ最上部へ
住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー