本文へジャンプ
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

NewsRelease

このページを印刷する
 
パワーを活かしてコントロール性能を向上させた硬式テニスラケット
「スリクソン X シリーズ」を新発売

2009/7

 
 SRIスポーツ(株)はトッププレーヤーの要求に応える「スリクソンブランド」よりテニスボール、テニスウエアに続いて、硬式テニスラケット「スリクソン X シリーズ」を9月17日から新発売します。この「スリクソン X シリーズ」は、プロやトップアスリートが求める「パワーを活かしつつコントロールするために必要な“喰いつき”や“粘り”」を、「コアシェルテクノロジー」によって実現したモデルで、今秋より国内の多くの契約プロが使用する予定です。
 メーカー希望小売価格は、「スリクソン X 2.0 ツアー」が34,650円<本体価格 33,000円>「スリクソン X 2.0(2.0+)、4.0」が33,600円<本体価格 32,000円>です。
 
 
■「スリクソン X シリーズ」の特長
 
◇「喰いつき」と「粘り」を実現する「コアシェルテクノロジー」
 「コアシェルテクノロジー」とは、ラケットフレームを構成する樹脂中に、極微細なゴム粒子(コア)を樹脂(シェル)で包み込んだ「コアシェル」を配合することで、ラケットフレームがゴムのような粘り強い特性を持ち、ラケットに「喰いつき感」をもたらす技術です。
 通常、ゴム粒子のみを樹脂中に配合すると、ゴム粒子同士がくっついてしまい、樹脂の中で不均一な状態になってしまいます。しかし樹脂中に、ゴム粒子(コア)を樹脂(シェル)で包み込んだ「コアシェル」を配合すると、ゴム粒子同士がくっつくことなく樹脂中で均一に分散し、テニスラケットに求められる「喰いつき」と「粘り」を生み出します。
コアシェルの直径は約100ナノメートル
1ナノメートル = 0.000001mm
 
■「スリクソン X シリーズ」の使用予定プロ(順不同)
 
 鈴木 貴男 (高木工業)JTAランキング7位 (2009年 5月) SRIXON X 2.0 ツアー
 權 伍喜 (フリー)JTAランキング15位 (2009年 5月) SRIXON X 2.0
 小ノ澤 新 (北日本物産)JTAランキング20位 (2009年 5月) SRIXON X 2.0 ツアー
 セニア・リキーナ (ロシア)WTAランキング219位 (2009年 5月) SRIXON X 4.0
 土居 美咲 (TEAM自由が丘)JTAランキング18位 (2009年 5月) SRIXON X 2.0
 手塚 玲美 (フリー)JTAランキング25位 (2009年 5月) SRIXON X 2.0
 田中 真梨 (フリー)JTAランキング27位 (2009年 5月) SRIXON X 2.0+
 高岸 知代 (ダンロップ)JTAランキング28位 (2009年 5月) SRIXON X 2.0
     ほか
 
☆スリクソンブランドの歴史
 
 スリクソンは、世界へ発信するゴルフブランドとして1996年に誕生。“最新のテクノロジー”と“万全のサポート体制”の下、トッププロの要求に応え続けることで信頼を獲得し、今なお進化を続けています。そして、テニスシーンにおいてもスリクソンがデビュー。2007年5月にテニスボールの発売を開始し、同年9月にはテニスウエアを展開。アスリートに向けて発信する共通のブランドとしてテニスにおいても着実にファンを増やしています。
 
■「スリクソン X シリーズ」の仕様
 
品名スリクソン X 2.0 ツアースリクソン X 2.0(2.0+)スリクソン X 4.0
フェイス(平方インチ)9598100
長さ(インチ)2727(2.0+は27.5)27
平均重量(g)320310290
平均バランスポイント(mm)305315325
厚み(mm)19-2020-2124
カラーブラックレッドブルー
グリップサイズ2・31・2・3
ストリングパターン(縦×横)16本×19本
推奨プレーヤートップアスリートアスリートアスリートを
目指すプレーヤー
メーカー希望小売価格
(消費税込み)
34,650円
<本体価格 33,000円>
33,600円
<本体価格 32,000円>
素材グラファイト
発売日9月17日
原産国中国
 
 
画像のダウンロードは報道関係者の方のみとなっております。ご了承ください。
ページ最上部へ
住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー