本文へジャンプ
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

NewsRelease

このページを印刷する
 
 
 
~鈴木プロが2010年度テニス展示会に登場~
鈴木貴男プロ ミニトークショー&サイン会

2009/9

 
 
 SRIスポーツ(株)のグループ会社である(株)ダンロップスポーツは、2010年度テニス展示会において9月3日(木)に、鈴木貴男プロのミニトークショーとサイン会を開催いたしました。今までの大会での印象に残ったエピソードや、スリクソンラケットの手ごたえなど、およそ20分のトークショーに、集まった方々は熱心に聞き入っていました。
 
 
MCもうすぐジャパンオープンですね。今の調子はどうですか?
プロ「ジャパンオープンには有名選手も出場しますし、観客の方々からのたくさんの声援がとても励みになります。今試合に向けて調整をしているところで、だんだん調子も良くなってきているので、今年もジャパンオープンを楽しみにしています。」
 
MC過去の大会で印象に残っているエピソードを聞かせてください。
プロ「2006年の大会でフェデラーと試合をした直後のロッカールームでの出来事を紹介します。フェデラー選手は僕に勝った後、ロッカールームで口笛を吹いていたんです。僕としては1セットとって、いけるかなぁと思ったんだけど、彼は余裕だったのかな。手を抜いていたのかな。(笑)」
と笑いながら、世界ランキング1位の選手のすごさを実感したと話しました。
 
MCもうすぐ新発売するスリクソンラケットの印象について聞かせてください。(貴男プロ独特の表現が!)
プロ
『僕も開発に関わっていたラケットだったので、開発の様子を知っていたのですが、「もう出来たんだ!」と思いました。持った時、使った時にいいラケットは、ラケットが「俺はこうゆうラケットだよ。」って話しかけてくるんですよ。ちゃんと自己主張をする。スリクソンラケットも、僕に話しかけてきてくれて…即座にいいラケットだなって思いました。性能も自分に合ってるなって。デザインも、黒と赤と白を基調にしていて配色もいいし、力強いイメージで気に入っている。これなら、相手に強さも見せつけられるなと。それに、このラケットになって、前よりボールが伸びてくるよと言われます。』
 スリクソンラケットについて語る鈴木プロ(写真右)
 
MC一言で言うとどんなラケットですか?
プロ「  持った時<しっかりしていて強さがある。
打った時<しっかりしているし、しなるし、コントロールしやすい。」
 
MCテニスプレーヤーへのメッセージをお願いします。
プロ「自分に合ったストリングと、自分に合ったテンションで使えばラケットの性能をより引き出すことができます。そうすれば自ずといいテニスが出来るようになるので、皆さんも試してみて下さい。」
 
MC今後の抱負は?
プロ「いいテニス、レベルの高いテニスをし、1人でも多くの人に鈴木貴男を知ってもらいたい。また、今は全体的にストローカーが多いが、自分のサーブ&ボレーのプレースタイルに自信と誇りを持ってプレーしていきたいと思う。」
 
~~~~~~~~~~~~~トークショーの終わりにはこんな質問が出ました~~~~~~~~~~~~~
 
Qストリングはどのくらいのテンションで張っていらっしゃいますか?
プロ「以前は50~52ポンドで張っていたのですが、最近は43~45とかなり緩めに張っています。緩めの方が楽に打てるからいいんです。皆さんも試してみて下さい。」
と、この答えには、(プロはガチガチに固いテンションで張るイメージがあるので)へぇ~と会場内の多くの方が驚嘆していました。
 
Q今使っているラケットと、ストリングの張り方を教えてください。
プロ
使用ラケット2.0Xツアー
 使用ストリングハード・芝生コートの時
クレーコートの時
=
=
バボラVSタッチ 1.35
(縦)バボラ プロハリケーン 1.25×(横)バボラ VSタッチ 1.35」
 
  
 サインをする鈴木プロ鈴木プロのサイン 

 
画像のダウンロードは報道関係者の方のみとなっております。ご了承ください。
ページ最上部へ
住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー