本文へジャンプ
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

NewsRelease

このページを印刷する
 
トーナメント観戦をしながら健康維持
「チャリティ ギャラリーウォーキング」を実施

2009/9

 
 

 SRIスポーツ(株)は、ゴルフ活性化委員会協力のもと9月26日(土)と9月27日(日)の2日間、利府ゴルフ倶楽部(宮城県宮城郡)で開催されたミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフのトーナメント会場において、入場者に歩数計をレンタルする「チャリティ ギャラリーウォーキング」を今年も開催しました。

 
 「チャリティ ギャラリーウォーキング」はゴルフが歩きながら観戦できるスポーツであるということに着目し「トーナメント観戦での歩行が健康維持に寄与する」ことや「健康産業としてのゴルフ」を啓発する活動の一つとして企画されました。トーナメント観戦で来場したギャラリーに歩数計を貸し出し、観戦後の歩数に応じてゴルフボールをプレゼントしました。参加料の500円は、大会事務局を通じて全額“宮城県立こども病院”に寄付されました。
 参加人数は2日間で233名(男性190名、女性43名)。貸出予定の歩数計100個はゲートオープンから約1時間半で終了し、急遽予備分を追加したほどの大盛況でした。中には自分の歩数計を使って参加されるという積極的な方もいました。平均歩数は11,770歩、最も多く歩いた方は38,635歩でした。参加者からは「歩数を稼ぎたいから18ホール全部歩いたけど、いい運動になって1日楽しかった!ありがとう」「普段はあまり歩かないので疲れたけど、トーナメントで歩数計を貸してくれるという企画はおもしろいね」「チャリティでボールがもらえる企画はうれしいね」と好評でした。
 当社では今後このような試みがゴルフ業界全体に広がって行くよう啓発を続けます。
 
 
画像のダウンロードは報道関係者の方のみとなっております。ご了承ください。
ページ最上部へ
住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー