本文へジャンプ
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

NewsRelease

このページを印刷する
 
世界に羽ばたくジュニアを応援するテニスプログラム
“TAKAO SPECIAL 2009”を開催

2009/12

 
 
 SRIスポーツ(株)と(株)ダンロップスポーツは、ジュニアを応援するテニスプログラムであるダンロップジュニアチームの一環で、鈴木貴男選手とテニスをしたり寝食をともにする“TAKAO SPECIAL 2009”をダンロップ ワールドチャレンジ テニスの期間中である11月28日と29日に、愛知県豊田市のスカイホール豊田にて開催しました。
 
 
 “TAKAO SPECIAL”とは、日本のトッププレーヤーである鈴木貴男選手に帯同して、プロとテニスの練習をしたり、試合を観戦したり、トーナメント中にプロの食堂で食事を摂るなど、プロテニスの世界を体感するプログラムです。このプログラムの目的は、プロを目指すジュニアが、テニスのプロ選手はトーナメントでどの様に戦っているかを知り、テニス選手への夢やテニスへの目標をより明確にする手助けをすることです。
 試合の観戦を通して、ジュニアは、「プロは決めるべきポイントでしっかり決めている」「気迫があり、決して諦めない」「ポイントを取られてもすぐに切り替え、次のポイントに集中している」「いつでもラケットを振りきっている」などプロのプレーの凄さを実感したようでした。また、プロの試合を見て学んだことを、自分のプレーにも活かしたいと言っていました。
 プロとの練習を終えて、「貴重な経験が出来た」「プロから教わったことを身につけ、早く自分も世界の舞台でプレーをしたい」と、将来の目標を語っていました。
 鈴木プロは練習の中でジュニアに、「変えようと思うことは大げさにやらないとなかなか変わらないよ」とか、「イメージが大切だからイメージをしっかりして実践していこう」などとアドバイスをしていました。
 
<TAKAO SPECIAL 2009 スケジュール>
11/28(土)10集合
 10時半~試合観戦(伊藤竜馬 対 ステイドラー戦)
 13時~昼食(選手ラウンジにて選手とともに)
 14時~試合観戦(ジュスカ,クドゥリャフトゥセフ 対 ケドリュック,三橋戦)
 17時~ミーティング(今日の試合を見ての感想、戦術の会議)
 18時~練習(鈴木貴男プロ,近藤大生プロ)
 20時~夕食
 22就寝
11/29(日)7時半~朝食
 8時半ホテル出発
 9時~練習(鈴木貴男プロ,近藤大生プロ)
 11時半~昼食
 12時半~試合観戦(クルム伊達公子 対 ボヤナ・ヨバノフスキ戦)
 15解散
 
試合観戦の様子
  
練習(鈴木プロによる実践)
  
選手ラウンジでの昼食
(プロと同じランチを体験)
  
 
画像のダウンロードは報道関係者の方のみとなっております。ご了承ください。
ページ最上部へ
住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー