本文へジャンプ
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

NewsRelease

このページを印刷する
2010年4月30日

「2010年上海万博」の子供向け職業体験施設「Abilia育楽湾」に
ダンロップパビリオンを出展

 住友ゴムグループの中国におけるタイヤ製造・販売子会社である住友橡膠(常熟)有限公司/住友橡膠(蘇州)有限公司は、2010年5月1日(土)から10月1日(金)まで中国の上海で開催される「2010年上海万国博覧会」の子供向け職業体験施設「Abilia(アビリア)育楽湾」に、モータービークル ピットメカニックスタッフの職業体験ができるダンロップパビリオンを出展します。
 
 このパビリオンでは、タイヤの交換体験を通じて、子供たちに楽しみながらタイヤの重要性や安全点検の大切さを学んでもらう、教育と娯楽を組み合わせた施設です。
 
ダンロップパビリオン外観(イメージ図)
ダンロップパビリオン(イメージ図)
ダンロップパビリオン(イメージ図)
ダンロップパビリオン外観(イメージ図)  
 
【目的】
  ピットメカニックスタッフとしての仕事体験を通じ、安全走行におけるタイヤの重要性とともに車の安全走行の意識を高めて頂く。
 
【体験できる仕事の内容】(予定)
  精巧に作られたピット施設で、タイヤ交換などのピット作業を体験。
    ・タイヤ交換
    ・破損ボディパーツ交換
    ・タイヤの歴史、進化、安全性の学習 等
 
【参考】上海万博「Abilia育楽湾」について
  「Abilia育楽湾」では、消防士、鉄道員、デザイナー、医師など、20種類以上の仕事や習い事のパビリオンが立ち並び、お子様達の年齢や興味に合わせて、さまざまな種類、難しさのアクティビティ(具体的な仕事や体験)が体験できます。
万博閉幕後は、教育と娯楽を組み合わせた施設として上海ならびに中国主要都市で開業を予定しています。
 
●上海万博「Abilia育楽湾」概要
 
場所 上海万博会場内(浦西サイド) 江南広場3♯ドック
開業予定 2010年5月
建物概要 地上1階地下1階の半屋外施設
予定面積 約4,000平米
パビリオン数 約25
 
 
 
 
画像のダウンロードは報道関係者の方のみとなっております。ご了承ください。
ページ最上部へ
住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー