本文へジャンプ
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

NewsRelease

このページを印刷する
2010年5月7日

ニュルブルクリンク24時間レースにFALKENが参戦

 住友ゴムグループのSRIタイヤトレーディング(株)は、5月15日(土)~16日(日)にドイツで開催される世界最大規模のツーリングカー耐久レースのひとつである「ニュルブルクリンク24時間レース」に参戦し、FALKENブランドのPRを図ります。
 
 参戦11回目となる今年は、ファルケンモータースポーツチーム率いる「Z33 フェアレディZ」が昨年に引き続き上位入賞を目指すと共に、本年より、チーム・ゲトラグ・ファルケンの「三菱ランサー エボリューションX」にもタイヤ供給を行い、ファルケンカラーの2台体制で参戦します。
 
■ ニュルブルクリンク24時間レース
 世界最大規模のツーリングカー耐久レースのひとつで、約200台が参戦する大イベントです。自動車メーカー、タイヤメーカーが開発時の耐久テストを行うサーキットとしても有名なニュルブルクリンクでの24時間レースは、高低差300m、ブラインドコーナーを含め約170ヶ所のコーナーを持つ北コース(オールドコース)と、F1も開催される近代的なGPコースをつなげた1周約26kmのフルコースを使用し、世界一過酷なレースとも言われています。
 
■ 開催日程(現地時間)
  予選 5月13日(木) 19:30~23:30
      5月14日(金) 12:40~14:45
  本戦 5月15日(土) 決勝スタート 15:00
      5月16日(日) 決勝ゴール 15:00
 
 
ファルケンモータースポーツ「Z33 フェアレディZ」
ファルケンモータースポーツ「Z33 フェアレディZ」  ※写真は昨年走行時のものです
 
■ チーム“ファルケンモータースポーツ”
 
エントラント名 FALKEN MOTORSPORTS
チーム監督 大駅 俊臣 (株式会社MOLA)
ドライバー Dirk Schoysman, Peter Dumbreck, 田中 哲也, 星野 一樹
メンテナンス 株式会社MOLA
参戦車両 Z33 フェアレディZ
Version NISMO Type 380RS-Competition
タイヤサイズ フロント:280/680R18  リア:290/680R18
 
○ ドライバー紹介
Dirk Schoysman
Dirk Schoysman
ベルギーツーリングカー選手権、英F2000の経験もあり、現在はニュルブルクリンクでドライビング講師、及び各社の開発テストも行っている。99年のFALKENのニュルブルクリンク24時間レース挑戦から毎回参戦し今年で11回目。ニュルブルクリンクを知り尽くした24時間レースのスペシャリスト。チームのリーダー的存在。
Peter Dumbreck
Peter Dumbreck
英フォーミュラ、DTM(ドイツツーリングカーマスターズ)、ルマン24時間レースと欧州の経験も豊富であり、2008年までは日本のSUPER GTのGT500クラスにも参戦しており、ヨーロッパのみならず日本にもそのアグレシブなドライビングにファンが多い。
田中 哲也
田中 哲也
国内ではSUPER GT、スーパー耐久シリーズに参戦中。過去スーパー耐久シリーズ戦では5度のシリーズチャンピオンに輝くなど経験・実績も高く、速さと安定感も持ち合わせている。ツーリングカーの名手。
星野 一樹
星野 一樹
国内ではSUPER GTシリーズに参戦中。昨年に引き続きFALKEN MOTORSPORTSとしてニュルブルクリンク24時間レースに4度目の参戦。Z33フェアレディZの車両を熟知した安定した走りで、今年もFALKEN MORORSPORTSに欠かせないドライバー。
 
 
チーム・ゲトラグ・ファルケン「三菱ランサー エボリューションX」
チーム・ゲトラグ・ファルケン「三菱ランサー エボリューションX」
 
□ チーム・ゲトラグ・ファルケン
 
エントラント名 TEAM GETRAG FALKEN
チーム監督 Karsten Quadder (TIC Racing)
ドライバー Karsten Quadder, Patrick Bernhardt,
Takao Matsui, Toshiya Ito
メンテナンス TIC Racing
参戦車両 三菱ランサー エボリューションX
タイヤサイズ 250/660R18
 
 
 
 
画像のダウンロードは報道関係者の方のみとなっております。ご了承ください。
ページ最上部へ
住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー