本文へジャンプ
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

NewsRelease

このページを印刷する
2010年12月14日

海外市場におけるタイヤ価格の値上げについて

 住友ゴムグループのSRIタイヤトレーディング(株)は、アジア、中近東、北米、欧州、中南米、アフリカおよび大洋州の各市場向けの、ダンロップ、ファルケン、スミトモおよびオーツブランドの乗用車用、小型トラック用、トラック・バス用およびモーターサイクル用タイヤの輸出価格を改定します。
 改定は来年1月から順次実施し、改定率は各々の製品や対象市場により異なりますが、概ね5%から10%、最大で15%程度の値上げとなる見込みです。
 
 今回の改定は、天然ゴムが本年9月の史上最高値更新後も依然高騰を続けていることや、その他のタイヤの主要原材料価格も高値で推移しており、これを生産性向上やコスト削減などの企業努力だけで吸収することは困難であるとの理由によるものです。
 
対象市場アジア、中近東、北米、欧州、中南米、アフリカ、大洋州
対象ブランドダンロップ、ファルケン、スミトモ、オーツ
対象タイヤ乗用車用、小型トラック用、トラック・バス用、モーターサイクル用タイヤ
価格改定開始時期2011年1月より順次
値上げ幅5~10%(最大で15%程度)

ページ最上部へ

住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー