本文へジャンプ
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

NewsRelease

このページを印刷する
2010年2月18日

~飛距離、方向性、打ち易さに高い評価~
「新・ゼクシオ」試打会お客様アンケート結果

 SRIスポーツ(株)では、昨年12月20日に新発売したゴルフクラブ「新・ゼクシオ」の試打会を昨年末に全国16ヶ所で開催し、1,093名のお客様にアンケートを実施しました。その結果、ドライバー・アイアンともに飛距離性能、方向性、打ち易さなどの項目で高い評価を頂きました。
 
  ゼクシオは、2000年の初代ゼクシオ発売以降10年連続No.1※1を続け、多くのゴルファーの皆様にご愛用いただいているゴルフクラブです。6代目となる「新・ゼクシオ」は、飛びの初期3要素である「ボール初速」「打ち出し角」「スピン量」の「ボール初速」を向上させ、弾道の最高到達点を高くした「オート・パワーインパクト」により、高く、強く突き進む弾道で大きな飛びを実現したゴルフクラブです。
当社では昨年12月5日~12月20日の土曜日、日曜日に全国16会場で新・ゼクシオ試打会を開催し、1,093名(ドライバー・アイアンの合計)のお客様にアンケートにお答え頂き次のような評価を頂きました。
   
 
※1 矢野経済研究所調べの全国主要小売店店頭販売実績集計(2000年~2009年12月実績まで)においてサブブランド別ウッド、アイアン合計金額において年間売り上げ10年連続NO.1。
 
 
  ■ドライバー  
 
1.飛び
  「よく飛ぶ」「飛ぶ」の合計が81%。
「オート・パワーインパクト」による高く強く突き進む弾道で大きな飛びが高く評価されています。
 
 
2.方向性
「適度」が60%と半数以上で、「右へ行く」「左へ行く」の合計が僅か5%。
新・ゼクシオ独自の6分割バルジ&ロール設計による安定した方向性が評価されています。
 
 
3.打ち易さ
「易しい」「やや易しい」の合計が67%。「難しい」「やや難しい」は合計で僅か3%。
従来モデルよりもさらに進化した打ち易さが評価されています。
 
 
4.弾道の高さ
「適度」「やや高い」の合計が92%。
オート・パワーインパクトによる高く、強く突き進む弾道が評価されています。
 
 
5.球筋
「ストレート」「ドロー」「フェード」の合計が89%。
最適距離設計と大きな慣性モーメントによるつかまりの良さが評価されています。
 
 
  ■アイアン  
 
1.飛び
「よく飛ぶ」「飛ぶ」の合計が72%と高く「飛ばない」「あまり飛ばない」は僅か2%。
ゼクシオ史上最大の慣性モーメントでボール初速による飛距離性能が高く評価されています。
 
 
2.打ち易さ
「易しい」「やや易しい」の合計が65%と高く、「やや難しい」「難しい」は僅か4%。
構えたときに安心感のある適度なグースや、短く感じて振りやすく見えるシャフトデザインが高い評価を得ています。
 
 
3.球の上がりやすさ
「適度」「やや高い」の合計が96%と非常に高く、55g(5番アイアン)のタングステンニッケルウエイトによる低重心設計による、高打ち出し・低スピンで球が上がりやすい性能が高く評価されています。
 
 
アンケートの内容
  実施日 2009年12月5日~12月20日の土曜日、日曜日
  会場数 16会場
  人数 1,093名(ドライバーとアイアンの有効回答数合計)
 
 
 
 
画像のダウンロードは報道関係者の方のみとなっております。ご了承ください。
ページ最上部へ
住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー