本文へジャンプ
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

NewsRelease

このページを印刷する
2011年7月1日

ニュルブルクリンク24時間レースでダンロップ装着車がクラス優勝

 ダンロップの住友ゴム工業(株)がタイヤを供給した「STI NBR Challenge 2011」チームが、6月23日(木)~26日(日)にドイツで開催された世界最大規模のツーリングカー耐久レース「ニュルブルクリンク24時間レース」において総合21位、SP3Tクラス優勝を獲得致しました。
 
SUBARU WRX STI
SUBARU WRX STI
 
■ニュルブルクリンク24時間レース
 世界最大規模のツーリングカー耐久レースのひとつで、約200台が参戦する大イベントです。自動車メーカー、タイヤメーカーが開発時の耐久テストを行うサーキットとしても有名なニュルブルクリンクでの24時間レースは、高低差300m、ブラインドコーナーを含め約170ヶ所のコーナーを持つ北コース(オールドコース)と、F1も開催される近代的なGPコースをつなげた1周約26kmのフルコースを使用し、世界一過酷なレースとも言われています。
 
■レース概要
 現地時間25日16時にスタートしたSUBARU WRX STIは、1時間後にクラス首位となり、その後一度も首位を譲ることなく、ノートラブル、ノーアクシデントで完璧なレースを展開しました。
 SUBARU WRX STIに装着されたダンロップタイヤは、序盤のウエットコンディションから、その後のドライコンディションまで、安定した性能を発揮し、完全勝利に貢献しました。
 
 モータースポーツの歴史と共に歩むダンロップは、今後も幅広いカテゴリーにタイヤ供給を行い、モータースポーツの発展に貢献します。
 
■チーム : STI NBR Challenge 2011
ドライバー吉田寿博、佐々木孝太、マルセル・エンゲルス、カルロ・ヴァンダム
監督辰己 英治
参戦車両SUBARU WRX STI
車両No.155
 
画像のダウンロードは報道関係者の方のみとなっております。ご了承ください。
ページ最上部へ
住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー