本文へジャンプ
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

NewsRelease

このページを印刷する
2012年3月13日

タイに農業機械用タイヤ新工場を建設

 住友ゴム工業(株)は、世界的な農業機械用タイヤの需要拡大に対応するため、タイに新工場の建設を決定しました。総投資額は約100億円で、2014年5月からの生産を予定しております。
 現在、世界的な食料需要の増加を背景に、コメの世界最大の輸出国であるタイでの農業機械用タイヤの需要が急速に高まっています。当社では、現在、農業機械用タイヤを泉大津工場(大阪府泉大津市)で生産しておりますが、タイのタイヤ製造子会社であるスミトモラバータイランドと同じ工業団地内に新工場を建設し、タイ国内で現地生産体制を整えることにより、農業機械用タイヤの急速な需要拡大に対応します。
 
<新工場の概要>
所在地タイ国ラヨーン県アマタシティ工業団地
生産品目農業機械用タイヤ他
総投資額約100億円
生産開始2014年5月
生産能力約800トン(50,000本)/月 (2017年末)
敷地面積約13万平方メートル

 
ページ最上部へ

住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー