本文へジャンプ
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

NewsRelease

このページを印刷する
2012年7月20日

中国・湖南工場の開所式を実施

 住友ゴム工業(株)は、中国で2箇所目となるタイヤ工場である住友橡膠(湖南)有限公司の開所式を7月16日(月)、同工場敷地内(中国湖南省長沙経済技術開発区星沙産業基地)で実施しました。開所式には、政府関係者、星沙産業基地指導者や、当社からは池田社長、住友橡膠(湖南)有限公司の高見董事長など、約350名が出席しました。
 
 
スピーチする池田社長開所式の様子
スピーチする池田社長開所式の様子
 
 開所式では、池田社長が挨拶を行い、「住友ゴムグループは、常熟工場に加え今回の湖南工場の稼働により、グループ一丸となって中国におけるタイヤ事業の更なる発展に尽力したい」と述べました。
 現在中国では急速な内需拡大に牽引され自動車生産・販売台数が急伸しており、これに伴う自動車用タイヤ需要が急拡大しています。中国・湖南工場の稼動により中国市場での供給体制を強化し、中国におけるタイヤ事業の一層の拡大に取り組んでまいります。
 
<中国・湖南工場の概要>
会社名住友橡膠(湖南)有限公司
代表者名高見昌文
所在地湖南省長沙市
設立2010年9月
事業内容乗用車用ラジアルタイヤの製造・販売
総投資額約297百万米ドル
資本金約219百万米ドル
資本構成住友ゴム100%
生産開始2012年7月
生産能力
30,000本/日第1期(2013年末)15,000本/日
第2期(2015年末)30,000本/日
敷地面積55万平方メートル
 
画像のダウンロードは報道関係者の方のみとなっております。ご了承ください。
ページ最上部へ
住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー