本文へジャンプ
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

NewsRelease

このページを印刷する
2012年8月22日

タイ農業機械用タイヤ工場の起工式を実施

 住友ゴム工業(株)は、8月2日、農業機械用タイヤとしては当社グループとして初の海外工場となるスミトモラバータイランドの農業機械用タイヤ工場の起工式を、同工場建設予定地(タイ国ラヨーン県アマタシティ工場団地)で実施しました。
 起工式には、工業団地関係者、当社からは三野会長、スミトモラバータイランドの長畑社長など、総勢100名が出席しました。
起工式の様子農業機械用タイヤ工場完成予想図
起工式の様子農業機械用タイヤ工場完成予想図
 
 現在、世界的な食料需要の増加を背景に、コメの世界最大の輸出国であるタイで農業機械用タイヤの需要が増加しています。
 当社は、2014年5月に予定している農業機械用タイヤ工場の稼動によりタイでの供給体制を強化し、農業機械用タイヤ事業の一層の拡大に取り組んでまいります。
 
 <タイ農業機械用タイヤ工場の概要>
事業内容農業機械用タイヤ他の製造・販売
総投資額約100億円
生産開始2014年5月
生産能力約800トン(50,000本)/月 (2017年末)
敷地面積約13万平方メートル
 
 <スミトモラバータイランド概要>
会社名スミトモラバータイランド株式会社
代表者名長畑亨
所在地タイ国ラヨーン県アマタシティ工業団地
設立年月2005年5月
事業内容ラジアルタイヤの製造・販売
 
画像のダウンロードは報道関係者の方のみとなっております。ご了承ください。
ページ最上部へ
住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー