本文へジャンプ
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

NewsRelease

このページを印刷する
2012年7月10日

ファルケンチーム 北米Formula Drift Pro Championshipで3勝目を獲得!

 6月23日(土)にNew Jersey州で開催された「Round 4 Formula Drift@Wall Speedway」において、ファルケンのハイグリップスポーツタイヤ「AZENIS RT615-K」を装着するヴォーン・ギッティンJr.選手(Monster Energy/Falken Tire 2013 Ford Mustang)が優勝しました。これにより、ファルケンチームとしては今季4戦中、3勝目を挙げました。
 ファルケンのハイグリップスポーツタイヤを装着する契約選手は、現在、総合ポイントでも1位(ジャスティン・ポーラック選手:2013 Falken Tire Ford Mustang)、3位(吉原大二郎選手:Discount Tire Nissan 240SX/S13)、4位(ヴォーン・ギッティンJr.選手:Monster Energy/Falken Tire 2013 Ford Mustang)を獲得するなど、ドリフトによる極限の走行状況における「AZENIS RT615-K」の確かなグリップ力と優れたコントロール性能を証明しています。
 
 今後もファルケンチームの活躍にぜひご期待ください。
 
■Formula Drift Pro Championship
 スポーツカー・クラブ・オブ・アメリカと、Formula Drift Inc.の主催する、北米各地を転戦して行われる市販乗用車を使用したドリフト競技で、2012年は全7戦が計画されています。
 
ヴォーン・ギッティンJr.選手の車両(左)ヴォーン・ギッティンJr.選手(中央)
ヴォーン・ギッティンJr.選手の車両(左)ヴォーン・ギッティンJr.選手(中央)
 
画像のダウンロードは報道関係者の方のみとなっております。ご了承ください。
ページ最上部へ
住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー