本文へジャンプ
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

NewsRelease

このページを印刷する
2014年10月10日

「チュードル・ユナイテッド・スポーツカー・チャンピオンシップ」
最終戦においてFALKEN装着車両がクラス優勝

 10月4日(土)に、アトランタ(アメリカ・ジョージア州)で開催された「チュードル・ユナイテッド・スポーツカー・チャンピオンシップ(TUSC)」最終戦である第12戦「ロードアトランタ」のGTLMクラスにおいて、チーム「FALKEN TIRE」の「Porsche 911 RSR」がクラス優勝を果たしました。
表彰式の様子チーム「FALKEN TIRE」Porsche 911 RSR
表彰式の様子チーム「FALKEN TIRE」
Porsche 911 RSR
 チーム「FALKEN TIRE」は、TUSCの前身であるアメリカン・ル・マン・シリーズ(ALMS)に2008年から参戦、2011年からはポルシェ・ワークスの全面的サポートを受け、「Porsche 911 RSR」で出場しています。今回のレースでは、コースレコードを記録するなど常に速いペースで安定した走行を続け、10時間(391周)を走り切り、クラス優勝を果たしました。TUSCの中でも過酷なコースといわれる最終戦で優勝を飾ったことで、ファルケンタイヤの性能の高さを証明する結果となりました。
■チュードル・ユナイテッド・スポーツカー・チャンピオンシップ
 アメリカの代表的なスポーツカー・レース選手権だったアメリカン・ル・マン・シリーズ(ALMS)とロレックス・グランダム・シリーズ(Grand-Am)の2つが統合し、今年から新たに始まったスポーツカー耐久レースシリーズです。クラスはプロトタイプ(P)/プロトタイプチャレンジ(PC)/GTル・マン(GTLM)/GTデイトナ(GTD)の4つに分かれています。
 
画像のダウンロードは報道関係者の方のみとなっております。ご了承ください。
ページ最上部へ
住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー