本文へジャンプ
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

NewsRelease

このページを印刷する
2016年3月30日

都城市と災害時における施設利用に関する協定を締結

 住友ゴム工業(株)の宮崎工場は、3月29日に都城市と「災害時における施設利用に関する協定」を締結しました。このような後方支援を目的とした協定を、都城市が結ぶのは初めてです。当社はこの協定に基づき、災害時に都城市が行う災害応急対策および支援活動において、グラウンドなど工場施設の提供や職員の派遣といった協力を行います。
 工場のある宮崎県においても南海トラフ巨大地震の被害が懸念されており、内陸にある都城市が後方支援の中心的な役割を担うことになります。宮崎工場は都城インターチェンジの近くにあり支援拠点としての利便性が高いため、都城市から協力要請があり今回の協定締結に至ったものです。
 締結は都城市役所で行われ、池田宜永都城市長と岩田拓三宮崎工場長が調印を行った後、市長から「官民一体での支援体制づくりのために、今回、住友ゴム工業様と工場内施設の利用に関する協定を締結いただけることは、非常に心強く、衷心よりお礼申し上げます。」とのお言葉をいただきました。
 当社はCSR活動の一環として、拠点のある地域で自治体との連携や周辺住民との交流を積極的に行っています。今回、このような協定を締結することにより、災害発生時に市による対応が行いやすくなり、地域住民の支援につながることになります。
池田市長(左)と岩田工場長(右)宮崎工場
池田市長(左)と岩田工場長(右)宮崎工場
<宮崎工場概要>
所在地宮崎県都城市都北町3番
生産品目自動車用タイヤ
操業1976年
 
画像のダウンロードは報道関係者の方のみとなっております。ご了承ください。
ページ最上部へ
住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー