本文へジャンプ
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

NewsRelease

このページを印刷する
2016年8月17日

宮崎工場が操業40周年記念祭を開催

 住友ゴム工業(株)の宮崎工場は、8月11日(木)に操業40周年記念祭を開催しました。記念祭には池田宜永都城市長をはじめ地域の方々、当社からは吉岡哲彦執行役員、小松俊彦執行役員、齋藤健司執行役員、社員とその家族など総勢約2,000名が出席しました。
 
開会式の様子(挨拶する吉岡執行役員)鏡割りの様子
開会式の様子(挨拶する吉岡執行役員)鏡割りの様子
 1976年に操業を開始した宮崎工場は乗用車用、小型トラック/SUV用、およびトラック・バス用タイヤなどの高性能タイヤを生産し、海外への輸出量は当社国内工場の中で最大規模を誇ります。また社会貢献活動では、省資源、省エネルギー、産業廃棄物の削減や自然環境保護活動などの環境に配慮した取り組みだけでなく、本年3月に都城市と「災害時における施設利用に関する協定」を締結するなど地域に密着した取り組みも積極的に行っています。
 記念祭では、岩田拓三宮崎工場長が社員、協力企業、地域の皆様に感謝し、「地域に愛される工場として存続し続けることが宮崎工場の使命であり、そのためにはそこで働く従業員が誇りを持てる工場でなければならない」と挨拶しました。会場では熊本地震へのチャリティーバザーなどの催しが執り行われ、参加者全員で40周年を祝いました。
<宮崎工場概要>
所在地宮崎県都城市都北町3番
操業開始1976年
従業員数1,430名(2015年12月末)
生産量9,350t/月(新ゴム消費量)
敷地面積269,000平方メートル
宮崎工場
宮崎工場
 
画像のダウンロードは報道関係者の方のみとなっております。ご了承ください。
ページ最上部へ
住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー