住友ゴム RECRUITING SITE

技術の進化 Evolution of technology

住友ゴムが作りたい「タイヤの未来」

未来のモビリティ社会で求められる性能を実現する
技術開発コンセプト「SMART TYRE CONCEPT」を発表

高い次元で両立するタイヤを開発するための技術開発コンセプト「SMART TYRE CONCEPT」を「第45回東京モーターショー2017」で発表しました。
環境問題の深刻化、都市への一極集中や高齢化社会に伴う人口動態の変化、そしてAIやIoTなどの技術革新など、自動車産業を取り巻く環境が大きく変化するなか、よりクリーンでより便利な自動車が増加する新しいモビリティ社会が生まれようとしています。そのような環境変化に対応すべく、タイヤも大きな転換期を迎えています。そこで当社では「さらに高い安全性能」そして「さらに高い環境性能」を実現する、これまでとは一線を画した新しいタイヤを開発するための技術開発コンセプト「SMART TYRE CONCEPT」を生み出しました。

「SMART TYRE CONCEPT」は、安全を支える技術である「セーフティー・テクノロジー」と、環境に寄与する技術である「エナセーブ・テクノロジー」、さらにそれらを支えるシミュレーションおよび解析技術である「コア・テクノロジー」の3つの技術で構成されています。

2020年にはタイヤの新品時の性能を長く維持する「性能持続技術」を採用したタイヤの量産化と、ライフサイクルの観点から、原材料や製品使用時だけでなく、製造、運搬、リサイクルまで、商品ライフサイクル全体の環境性能をより高めた新材料によるコンセプトタイヤを発表する予定です。そして2023年にはアクティブトレッドを採用したコンセプトタイヤを発表します。さらに2020年代の後半には「SMART TYRE CONCEPT」の技術全てを採用した全く新しいタイヤを完成させることを目標に技術開発を進めていきます。

DUNLOP「エナセーブ NEXT II」が「2017年日経地球環境技術賞」最優秀賞を受賞

住友ゴムの、新材料開発技術「ADVANCED 4D NANO DESIGN」を採用し、ラベリング制度における転がり抵抗性能とウエットグリップ性能の最高グレードである「AAA-a」を達成するとともに耐摩耗性能を大幅に向上させたエナセーブのフラッグシップ低燃費タイヤDUNLOP「エナセーブ NEXTII」が、「2017年日経地球環境技術賞」において最優秀賞を受賞しました。
「日経地球環境技術賞」は、温暖化防止、新エネルギーや省エネルギー、資源・物質循環、自然環境・生態系保全など地球環境の持続可能性を確立するための技術開発、研究や調査について独自性、将来性や実現性を総合判断し表彰されるもので、2017年で27回目を迎えました。
当社独自の新材料開発技術「ADVANCED 4D NANO DESIGN」は、低燃費・ウエットグリップ・耐摩耗性能という、相反性能であるタイヤの三大性能を高い次元で両立するために、大型放射光施設「SPring-8」、大強度陽子加速器施設「J-PARC」、スーパーコンピュータ「京」という世界最高レベルの先端大型研究施設の連携活用により、ナノからミクロンレベルまで、ゴムの内部構造を連続的かつ鮮明に解析し、シミュレーションすることを可能とする技術です。この技術を初めて採用した「エナセーブ NEXTII」は、ラベリング制度における最高グレードである「AAA-a」を達成し、低燃費性能とグリップ性能を高次元で維持しながら耐摩耗性能を従来品から51%向上することに成功しています。
今回の受賞は、産学官連携による当社の新材料開発における先進的な取り組みと、高い技術力が認められた結果であると考えています。今後もこの技術の活用により、安心・安全で環境負荷の少ない高性能タイヤの開発を進めてまいります。