長期ビジョン行動イメージ

住友ゴム工業TOP > サステナビリティ > 理念とビジョン > 長期ビジョン行動イメージ

長期ビジョン 世界一の価値をさまざまな事業領域で提供し続ける企業集団を目指す VISION 2020

住友ゴムグループは、2012年に2020年を目標年度に、目指すべき企業の姿を「高収益・高成長の真のグローバルプレイヤーになる」「ステークホルダーにとっての価値向上と、全社員の幸せを追求する」企業として提示した長期ビジョン「VISION 2020」を策定しています。
また、2017年に、2018年度を初年度とする新たな5ヵ年の中期計画を策定。
「海外市場での売上収益・事業利益を拡大し、真のグローバルプレイヤーに」をテーマに、成長への基盤固めを行っていきます。

VISION 2020 行動イメージ Go for NEXT

住友ゴムグループのあゆみ

冊子住友ゴムグループ

独自のゴム技術を活かして持続可能な社会の実現に貢献

事業

 [T]=タイヤ [S]=スポーツ [I]=産業品他
 
2018年
  • 住友ゴムグループのスポーツ事業を統合
  • 空気入りタイヤの実用化から130周年
DUNLOP
2017年
  • 海外のDUNLOPブランド事業を買収
  • 米国・欧州テクニカルセンターが稼働
  • 英国のタイヤ販売会社「ミッチェルディーバー社」を買収
  • フィリピン工場を買収[S]
2015年
  • スイスの医療用ゴム部品会社「ロンストロフ社」を買収
  • 米国グッドイヤー社とのタイヤ事業におけるアライアンス契約および合弁事業を解消
  • トルコ工場操業開始[T]
  • 米国工場を買収[T]
  • スイス工場を買収[I]
2014年
  • フィットネス事業を営む株式会社キッツウェルネス(現株式会社ダンロップスポーツウェルネス)を買収、子会社化
2013年
  • ブラジル工場操業開始[T]
  • 南アフリカ工場を買収[T]
2012年
  • 長期ビジョン「VISION 2020」発表
  • 中国・湖南工場 操業開始[T]
2010年
  • 国内外主要製造拠点で完全ゼロエミッション達成(3R推進功労者等表彰で経済産業大臣賞受賞)
  • 国内外30拠点で業界初の「ISO14001」グローバル統合認証を取得
2009年
  • 創業100周年
  • タイヤテクニカルセンター完成
タイヤテクニカルセンター
2007年
  • クリーブランドゴルフを買収
  • タイにテニスボールの製造会社買収[S]
2006年
  • タイ工場操業開始[T]
  • ベトナム工場操業開始[I]
2004年
  • 中国・常熟工場操業開始[T]
2003年
  • オーツタイヤ株式会社と合併
  • スポーツ事業を分社化
オーツタイヤ株式会社と合併
2001年
  • 中国・中山工場操業開始[I]
1999年
  • 米国グッドイヤー社とタイヤ事業におけるアライアンス契約を締結
1998年
  • 業界初「ISO14001」を国内全工場で取得
1997年
  • インドネシア工場操業開始[T]
1996年
  • 市島工場操業開始[S]
1995年
  • 阪神・淡路大震災により神戸工場閉鎖
1994年
  • 旭川タイヤテストコース完成
  • 兵庫県市島町にゴルフ科学センター完成
ゴルフ科学センター
1991年
  • 名寄タイヤテストコース完成
1986年
  • 米ダンロップ買収
  • 岡山タイヤテストコース完成
岡山タイヤテストコース
1984年
  • 英独仏の6工場およびタイヤ技術中央研究所を買収
1983年
  • 英国ダンロップ社より欧州タイヤ事業を買収
1981年
  • オーツタイヤ株式会社と全面業務提携
  • マレーシア工場操業開始[I]
オーツタイヤ株式会社_全面業務提携
1976年
  • 宮崎工場操業開始[T]
1974年
  • 白河工場操業開始[T]
1972年
  • 加古川工場操業開始[I]
1963年
  • 住友の経営となる。「住友ゴム工業株式会社」に社名変更
1961年
  • 名古屋工場操業開始[T]
1960年
  • 住友グループ資本参加
住友グループ資本参加
1944年
  • 泉大津工場操業開始[T]
1937年
  • 日本ダンロップ護謨株式会社に改称
1917年
  • 日本法人化し、ダンロップ護謨(極東)株式会社に改称
1909年
  • 神戸工場創業開始[T]
  • 英国ダンロップ社の工場を誘致、日本初の近代的ゴム工場として創業
神戸工場創業開始
1888年
  • ジョン・ボイド・ダンロップが世界初の空気入りタイヤを実用化
世界初の空気入りタイヤ ジョン・ボイド・ダンロップ

技術・製品

 
2017年
  • タイヤ技術コンセプト「SMART TYRE CONCEPT(スマート タイヤ コンセプト)」を発表
2016年
  • 「ADVANCED 4D NANO DESIGN(アドバンスド・フォーディー・ナノ・デザイン)」採用の「エナセーブNEXTⅡ」を発売
2015年
  • 材料開発促進技術「ADVANCED 4D NANO DESIGN(アドバンスド フォーディー ナノ デザイン)」が完成
2014年
  • 50%転がり抵抗低減タイヤ「エナセーブ NEXT」発売
2013年
  • 100%石油外天然資源タイヤ「エナセーブ100」発売
エナセーブ100
2012年
  • 戸建て住宅用制震ユニット「MIRAIE(ミライエ)」を発売
戸建て住宅用制震ユニット_MIRAIE_ミライエ
2008年
  • 97%石油外天然資源タイヤ「ENASAVE(エナセーブ)97」発売
2006年
  • 世界初、特殊吸音スポンジ搭載「LE MANS(ル・マン)LM703」発売
  • 70%石油外天然資源タイヤ「ENASAVE(エナセーブ)ES801」発売
2000年
  • 初代「XXIO(ゼクシオ)」ゴルフクラブとゴルフボールを発売
初代XXIO
1998年
  • デジタル・ローリング技術を採用した「デジタイヤ」を新開発
  • 世界初、ウレタンソフトミッドを採用したスリーピースゴルフボール「マックスフライ ハイブリッド」発売
マックスフライ ハイブリッド
1996年
  • 世界初、金属粉末を配合したスリーピースボール「ツアースペシャルメタルミックスW」発売
ツアースペシャルメタルミックスW
1994年
  • 日本初の高減衰ゴム製橋梁ケーブル用制振装置を製造販売
高減衰ゴム製橋梁ケーブル用制振装置
1983年
  • 新ブランド「FALKEN(ファルケン)」を発表
  • 日本初の砂入り人工芝テニスコート「オムニコート」発売
FALKEN第1号タイヤ
1982年
  • スチールラジアルタイヤ「LE MANS(ル・マン)24」を発売
  • ツーピースゴルフボール「ダンロップDDH」生産開始
LE MANS24
1979年
  • スペアレスタイヤ「デノボ2」発表
1976年
  • 日本初のF-1用レーシングタイヤを開発
1967年
  • 防舷材の生産開始
1966年
  • 日本初のラジアルタイヤ「SP3」の生産開始
ラジアルタイヤ SP3
1964年
  • ゴルフクラブの生産開始
1961年
  • テニスボール「ダンロップフォート」の生産開始
テニスボール ダンロップフォート 1 テニスボール ダンロップフォート 2
1954年
  • 日本初のチューブレスタイヤを開発
1935年
  • モーターサイクルタイヤの生産開始
1930年
  • 日本初のゴルフボールと硬式テニスボールの生産開始
DUNLOP65
1913年
  • 自動車用タイヤの生産開始。国産第1号タイヤ誕生
国産第1号タイヤ
1911年
  • ゴム管、ゴム手袋、水枕などの生産開始
1910年
  • 自転車用タイヤ・チューブ、人力車用タイヤ(ソリッド)の生産開始