本文へジャンプ
 
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

Green(緑化)生物多様性の保全

生物多様性の保全

生物多様性を保全する活動住友ゴムグループ

住友ゴムグループは、緑化活動を通じて生物多様性を保全する活動に取り組んでいます。
どんぐりプロジェクトは遺伝子の生物多様性保全の活動です。種の生物多様性保全の活動としては絶滅危惧種の保全・育成を行っています。主なものは、白河工場ではミツガシワ科アサザ、カタクリ群生、加古川工場ではキク科フジバカマ、カヤツリグサ科ナガボテンツキ、バラ科ナガボノワレモコウを、宮崎工場ではキク科ヒゴタイを、神戸地区ではグミ科アリマグミ、デンジソウ科デンジソウを、市島工場では国蝶オオムラサキ、ドジョウ科ホトケドジョウです。
そしてヒゴタイを近隣の小中学校に寄贈する、フジバカマを加古川河川敷に移植する、オオムラサキを幼稚園児に見学してもらうなど地域に貢献しています。

近隣小学校に寄贈し育ったヒゴタイ

近隣幼稚園児のオオムラサキ見学

各地に手作りビオトープを創出冊子住友ゴムグループ

当社グループは、その地域に住むさまざまな生き物が地域固有の自然生態系を構築できるよう、事業所内にビオトープの創出を進めています。白河工場「しらかわの泉」、名古屋工場「ころもの泉」、神戸本社「草創の泉」、宮崎工場「きりしまの泉」、市島工場ビオトープの合計5カ所のビオトープがあります。
各地のビオトープは、従業員が休日を利用して手作りしたものです。地元の方々の協力のもと、地域固有の植物・水中生物などを保全・育成し、地元に還元しています。

しらかわの泉(白河工場)

ころもの泉(名古屋工場)

草創の泉(神戸本社)

きりしまの泉(宮崎工場)

市島工場のビオトープ

絶滅危惧種の保全・育成冊子住友ゴムグループ

絶滅危惧種の保全・育成活動の一つとして兵庫県内において準絶滅危惧種であるオオムラサキの保全・育成を市島工場で行っていますが、岡山テストコース内で飛翔しているオオムラサキが発見されました。テストコース内の林のなかにエノキ(オオムラサキの幼虫のエサはエノキの葉)が自生しており、幼虫も確認されました。
岡山テストコースでもオオムラサキの保全・育成を行う予定です。

岡山テストコースで発見されたオオムラサキ

 
 
 
住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー