本文へジャンプ
 
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

Kindness(人にやさしい諸施策)人材育成と働きがいの向上

人材育成と働きがいの向上

人材育成冊子住友ゴムグループ

住友ゴムグループでは、人材開発部・製造研修部、各所属部署、各個人の自己研鑽を三位一体と捉えています。若手層には論理的思考など社会人としての基礎的なスキルを、管理職層には組織力の最大化や組織活性化に資する実践的な能力の強化を図るなど、従業員の成長意欲を尊重し、自発的な「気付き」を促す研修を通し、個人の成長をサポートしています。
海外関連会社では、「問題解決力のレベルアップ」「住友ゴム式のマネジメントの理解」「住友ゴムWAYの理解・実践」の3つを重要テーマとし、OJTおよび研修を通した人材育成を図っています。 グローバル人材を育成するため、若手社員を対象に「海外トレーニー」研修を導入いたしました。2018年度も若手社員を対象に、各部門のニーズに即して継続してまいります。

住友ゴムWAYの浸透住友ゴムグループ

住友ゴムグループは、企業の社会的使命を果たすために、グループ全社員の幸せを追及し、広く地域・社会に貢献し期待され信頼されるグローバルな企業として、快適で魅力ある新しい生活価値を創出し続けることを企業理念に掲げています。
そしてその企業理念を実践するためのバックボーンとして制定したのが「住友ゴムWAY」です。
「住友ゴムWAY」は『企業理念』と『経営ビジョン』を社員が日々の行動の中で実現していくための、「価値観」と「行動原則」「住友事業精神」によって構成されています。
「価値観」では当社が「何を大切にするのか?」というテーマに沿って、「信用と確実」「縦と横のつながり」「目標を高く」「人を育てる」という4つの価値観を示しています。また「行動原則」はその価値観に基づいて「どのように行動するのか?」という心構えを明確にしています。そしてそのすべてのベースは住友400年の歴史の中で脈々と受け継がれてきた「住友事業精神」です。
当グループでは『企業理念』と『経営ビジョン』の実現を目指して、社員の行動、判断のベースとなる共通の価値観や考え方、仕事の進め方の共有を「住友ゴムWAY」を通じて図っていき、住友ゴムグループの強みの源泉として定着させていきます。

人材開発の組織体制住友ゴムグループ

住友ゴムグループはOJT、自己啓発に加え、「人材開発部」と「製造研修部」が中心となって、さまざまな研修を通じて従業員の能力向上を進めています。たとえば、技能オリンピックの開催による技能の伝承や、各研修に対する受講者の意見の反映により従業員の働きがいの向上につなげています。
2017年度は、若手社員の早期育成を一つの課題と捉え、スキル系研修の前倒し等、若手向け研修を厚めに、またもう一つの課題であるグローバル人材の育成についても、若手社員を対象に「海外トレーニー」研修を導入いたしました。2018年度も若手社員を対象に、各部門のニーズに即して継続してまいります。
住友ゴムスタッフだけでなく、工場技能員、販社等関係会社スタッフおよび従業員に対しても各部門に研修担当者を配置、充実した研修体系を構築し、グループ全体の能力の底上げを進めてまいります。

人材開発部

人材育成方針の策定のほか、スキルアップ研修、階層別研修、関係グループへの研修などさまざまなプログラムを企画・実施することでグループ全体の人材育成と能力開発を支援しています。

製造研修部

国内外の製造拠点を対象に、技術教育や工場現場監督者の教育を実施するなど、モノづくりに関する教育訓練を統一的に推進しています。さらに、技術者に品質管理の考え方をはじめ、信頼性の高い商品を提供するために欠かせない能力を身につけてもらうために、1964年から「現場現物の思想」と「科学的な仕事の進め方」を実践で学ぶ「技術検査」を継続しています。

住友ゴムグループの研修体系

図:住友ゴムグループの研修組織

グローバルな人材育成住友ゴムグループ

世界各地に拠点を持つ住友ゴムグループでは、どこの工場で作っても同じ品質の製品ができること、すべての従業員が成長や働きがいを感じられることなどを目的に、海外での人材育成を強化しています。
特に近年では、日本の本社からの指導・支援にとどまらず、現地の事業やニーズに合わせた人材育成の強化を目指しています。

住友ゴムWAYの講話(ドイツ販売会社)

働き方に対する価値観をグローバルに共有する「住友ゴムWAY」

住友ゴムグループでは、企業の発展には従業員一人ひとりが能力を存分に発揮できるようにしていくことが肝要であると考え、かねてより人材教育にも力を入れています。社員の行動、判断のベースとなる共通の価値観や考え方、仕事の進め方といった考え方の原点を共有するため、国内外のすべての従業員に「住友ゴムWAY」を浸透させてきました。
「住友ゴムWAY」は当社グループとして大切にすべき価値観「信用と確実」「縦と横のつながり」「目標を高く」「人を育てる」の4つを示し、11の行動原則でその価値観に基づいて「どのように行動するのか?」という心構えを明確にしています。そしてそのすべてのベースは住友400年の歴史の中で脈々と受け継がれてきた「住友事業精神」です。
特に2012年からは、海外工場で「住友ゴムWAY」浸透に重点的に取り組んできました。その中で、普遍的な4つの価値観のもと、行動原則は現地の文化に合わせて、現地の人がわかりやすい表現に変えたり、独自の原則を追加したりするなど、地域特性を踏まえ、より実効性の高いものへ進化させています。

研修の様子(タイ工場)

現場での技能伝承が可能な現地従業員を育成する取り組み

世界中どこの工場で作っても同じ品質の製品ができるように、「住友ゴムWAY」に基づいた品質教育の充実にも力を入れています。
その一つが、2013年からスタートした「製造匠」の制度です。国内工場から選抜された各工程の熟練職長が、海外工場を訪問し、まずは工場の状況を実地検証する「工場診断」を実施。改善活動に取り組む現地従業員に対し、弱点や問題点を是正するための支援活動を行い、自主改善へとつなげていきます。「問題を見つける目」「解決の仕方」を学び、PDCAサイクルを自主的に回せるようにしていくことをポイントとし、一定の効果を上げました。
また、現地に赴任し支援する日本人従業員の育成もこれらの施策を進める上で欠かせません。製造研修部が中心となり、海外工場監査者、海外サポーター、海外要員の育成・教育に注力し、グローバルでの技能伝承につなげています。

新任管理職研修(インドネシア工場)

技術向上に加え、管理・監督できる人材の育成を目指して

2017年度は、こうした活動に加え、労務管理の標準化を図ることを目的に作成した「職長管理マニュアル」の各国での浸透や、これらマニュアルをはじめとする様々なツールの整備・活用を進めてまいりました。2018年度も引き続き進め、将来的には現地社員で完結する指導体制の構築を目指します。

中国・常熟工場の研修参加者

モノづくり教育住友ゴムグループ

製造研修部が運営する白河研修所で、2017年度は現場監督者および製造部内の若手従業員を対象に国内外で統一したモノづくり教育の研修を行い、延べ1,866名が参加しました。
現場監督者向けの研修では、学んだ内容をその後の業務で実践できるようになることを重視しました。
さらに職場管理のレベルアップのために、管理者の役割、業務、モノづくりの重要な管理項目などの全社共通の考え方を統一し、国内だけでなく海外工場にも浸透させていく活動を行っています。
また技術スタッフに対しては、三田市(兵庫県)の中央研修所でQC教育を行い、工場で現物のデータを把握し、QC手法を実践する研修を行っています。加えて、工場の改善テーマに対しチーム活動で問題を解決する「技術検査」を開催。54年目となる2017年度は国内4工場、海外4工場で開催しました。
このQC教育、工場での実践研修、および「技術検査」には、2017年度は総計237名が参加しました。

QC教育:統計的手法による品質管理のための教育

モノづくり教育の研修(白河研修所)

TOPICS冊子住友ゴムグループ

技能オリンピックに米国工場が初参加

2009年10月にスタートした技能オリンピックも、2017年度で9年目を迎えました。海外工場と国内工場の技能の差は縮まっており、技能オリンピックの目的である技能伝承と人材育成に結び付いています。
2017年はトルコ工場からも選手が参加したほか、新たな工程部門が競技部門に加わりました。今後も技能オリンピックの対象工場、対象工程を拡大する計画です。
また技能伝承をより促進するため、表彰式終了後に成績優秀者の技能を全選手とコーチに披露してもらい、その場で良い点を議論しています。さらにその様子をDVDで配布し、各拠点への技能伝承の横展開に役立てています。

2017年度技能オリンピック結果

第16回大会
(混合工程)
金賞:SRC工場、
銀賞:SURINDO工場、銅賞:SRT工場
第17回大会
(小型成形工程)
金賞:白河工場、
銀賞:SRH工場、銅賞:宮崎工場

表彰式

表彰式(入賞者)

SRT素練りゴム重量

交流会(カバー挿入)

 
 
 
住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー