本文へジャンプ
 
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

Next(次世代型技術・製品の開発)環境配慮商品の開発

商品・技術開発の考え方

環境配慮商品開発の基本的な考え方冊子住友ゴムグループ

住友ゴムグループでは、「タイヤが地球環境のために貢献できること」をテーマに、「低燃費性」「原材料」「省資源」の三つの方向性で環境配慮商品の開発に取り組んでいます。
当社グループでは、自動車産業を取り巻く環境が大きく変化するなか、「さらに高い環境性能」を実現する技術である「エナセーブ・テクノロジー」に基づいて環境配慮商品の開発に取り組んでいます。

環境配慮商品の開発テーマ

タイヤが地球環境のために貢献できること

未来のモビリティ社会を見据えた技術開発コンセプト
「SMART TYRE CONCEPT」を発表

住友ゴムは「第45回東京モーターショー2017」で、未来のモビリティ社会で求められる安全性能と環境性能を、現状よりさらに高い次元で両立するタイヤを開発するための技術開発コンセプト「SMART TYRE CONCEPT」を発表しました。
この技術コンセプトは、安全を支える技術である「セーフティーテクノロジー」と、環境に寄与する技術である「エナセーブ・テクノロジー」に加え、それらを支える「コア・テクノロジー」の三つの技術で構成されています。
安全性能面では、シェアリングと自動運転化が進むなか、自動車の安全を長期にわたり支えるために摩耗と劣化による性能低下を抑制し、タイヤの新品時の性能を長く維持する「性能持続技術」の実現を目指します。
環境性能面では、「エナセーブ・テクノロジー」の一つの要素であるライフサイクルアセスメント(LCA)を用い、原材料や製品使用時だけではなく、製造、運搬、リサイクルも含めた商品ライフサイクル全体で環境性能をより高いレベルに引き上げ、循環型社会の実現に寄与することを目指した商品の開発に取り組んでいます。
2020年には同材料によるコンセプトタイヤを発表する予定です。

SMART TYRE CONCEPT

TOPICS

DUNLOP「エナセーブ NEXT Ⅱ」が、「2017年日経地球環境技術賞」において最優秀賞を受賞

エナセーブのフラッグシップ低燃費タイヤDUNLOP「エナセーブ NEXT Ⅱ」が、「2017年日経地球環境技術賞」において最優秀賞を受賞しました。
当社独自の新材料開発技術「ADVANCED 4D NANODESIGN」を採用し、ラベリング制度における最高グレード「AAA-a」を達成するとともに耐摩耗性能の大幅な向上に成功しました。今回の受賞は、当社の新材料開発における先進的な取り組みと、高い技術力が認められた結果であると考えています。今後もこの技術の活用により、安心・安全で環境負荷の少ない高性能タイヤの開発を進めていきます。

環境配慮自社基準

環境配慮商品の開発に取り組む住友ゴムは、石油外天然資源比率、転がり抵抗値、軽量化、耐摩耗性能など独自の厳しい環境配慮自社基準を設定しています。これは、主に「つくるとき・廃棄するとき」「使うとき」のCO2排出量の削減という視点から新商品を評価し、既存商品と比較して総合的に性能が向上しているものを、環境配慮自社基準を満たした「エコラインアップ商品」として認定するものです。
2017年度末時点で、エコラインアップ商品はトラック・バス用の8商品、乗用車用の14商品のほか、4×4・SUV用、ライトトラック・バン用の商品があります。
2017年度の全取扱商品に占めるエコラインアップ商品の比率は、約70%(日本国内市販タイヤ)です。

「エコラインアップ」マーク
このマークがついた商品が、環境配慮自社基準を満たしたエコラインアップ商品です。

エコラインアップ商品(2017年度末時点)

トラック・バス用 「ECORUT SP128」「ECORUT SP628」「ECORUT SP068」
「ECORUT SP088」「ENASAVE SP688 Ace」「SP261」「SP081」「SP670」
乗用車用 「VEURO VE303」「LE MANS 4」「LEMANS Ⅴ」「ENASAVE PREMIUM」
「ENASAVE 100」「ENASAVE EC203」「ENASAVE RV504」
「DIREZZA ZⅡ★」「DIREZZA DZ102」
「WINTER MAXX WM01」「WINTER MAXX WM02」
「ENASAVE NEXT II」「SP TX-01」「WINTER MAXX TS-01」
4x4・SUV用 「GRANDTREK AT3」「GRANDTREK PT3」「WINTER MAXX SJ8」
ライトトラック・バン用 「ENASAVE VAN01」「ENASAVE SP LT38」「ENASAVE SPLT50」
「WINTER MAXX SV01」
「WINTER MAXXLT03」
モーターサイクル用 「SPORTMAX ENASAVE」

環境配慮自社基準

CO2削減など環境配慮項目 評価項目
つくるとき
廃棄するとき
石油外天然資源 石油外天然資源比率
省資源 リデュース係数(軽量化、耐摩耗性能)
リサイクル・リユース リトレッド性
使うとき 低燃費 転がり抵抗値
安全・快適 騒音、ブレーキ、氷上性能

タイヤラベリング制度への対応住友ゴム

日本のタイヤ業界では低燃費タイヤの普及を目指し、2010年1月からタイヤラベリング制度が運用されており、業界自主基準に適合したタイヤに『低燃費タイヤ』のラベルを表示しています。
住友ゴム工業は、「タイヤが地球環境のために貢献できること」をテーマに『低燃費タイヤ』に適合する環境対応タイヤの開発に努めてきました。
2017年度は、2月に実感できる快適性能を実現した上に、耐偏摩耗性能を27%向上し、更に低燃費性能ではラベリング制度における転がり抵抗性能で「AA」を達成した商品「LE MANS V」を発売しました。
低燃費タイヤのさらなる普及に向けて、テレビコマーシャルや店頭などでラベリング制度の普及をより一層推進するとともに、当社の環境配慮商品を積極的にPRしていきます。
2017年には、イランが欧州のラベリング制度への適用請求を開始しました。
日本国内と同様なラベリング制度を採用した海外の対象国・地域にも対応していきます。
2017年には申請値の間違いの指摘が韓国当局からあり、情報訂正を1件実施しています。

低燃費タイヤ統一マーク

住友ゴム工業の『 低燃費タイヤ』適合タイヤ

乗用車用 「LE MANS V」
「エナセーブ NEXT II」
 
 
 
住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー