本文へジャンプ
 
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

トップコミットメント

経済・社会の両面で価値を創造する

プロフィール : 山本 悟(やまもと さとる)

1982年 当社入社
2001年 当社タイヤ営業本部販売部長
2007年 ダンロップファルケン九州代表取締役社長(現ダンロップタイヤ九州(株))
2010年 当社執行役員、当社ダンロップタイヤ営業本部副本部長
2011年 当社ダンロップタイヤ営業本部長
2013年 当社常務執行役員
2015年 当社取締役(常務執行役員)
2019年 3月26日より現職

社会的価値を追求することは、経済的価値の追求とあわせて、企業が持続的な成長を遂げていくために必要不可欠なものであり、住友400年の歴史のなかで脈々と受け継がれてきた理念でもあります。
住友ゴムは、本年で創業110周年を迎えますが、すべてのステークホルダーに「世界一の価値」を提供し続けることで、持続的な成長を実現するとともに、社会の持続可能な発展に貢献する企業を目指しています。

未来を見据えたタイヤ技術開発コンセプトの具現化推進とスポーツ事業の拡大

タイヤ事業で、当社はこれまでも環境対応タイヤを積極的に開発・拡販してきました。100年に一度の変革期と言われる自動車産業など、産業構造変化や技術革新にともなう市場の変化を踏まえ、2017年、「さらに高い環境性能」そして「さらに高い安全性能」を実現する、これまでとは一線を画した新しいタイヤを開発するための技術開発コンセプト「SMART TYRE CONCEPT」を発表しております。社会的価値をより高められるよう、「SMART TYRE CONCEPT」の早急な具現化を目指すとともに、付加価値の高い商品をスピーディに展開してまいります。
また、当社グループは、2017年スポーツダイレクト・インターナショナルから、ダンロップブランド商標権並びにダンロップブランドのスポーツ用品事業およびライセンス事業を譲り受け、2018年に、ダンロップスポーツ社を当社に経営統合しました。その後、テニスを通じたダンロップブランドの価値向上の新たな取り組みとして、テニスボールの品質とツアーでの使用実績が認められ、テニス四大大会「全豪オープン」で、日本企業初となるオフィシャルスポンサー契約を締結しました。また、テニス普及活性化の一環として世界の有力なテニスアカデミーで選手育成をサポートするなど、ダンロップブランドの価値向上を推進しています。これらの活動を通じて、スポーツ事業をはじめ住友ゴムグループ全体の中長期的な発展につなげてまいります。

長期ビジョン「VISION 2020」の達成に向け、グローバル経営体制を強化

長期ビジョン「VISION 2020」では、「高収益・高成長の真のグローバルプレイヤーになる」とともに、「ステークホルダーにとっての価値向上と、全社員の幸せを追求する」という目標を掲げ、経済的価値と同時に社会的価値を追求する当社グループの企業姿勢を織り込んでいます。これらの目標達成に向けて、「新たな挑戦」によって次世代の社会に貢献していく強い意志を全従業員で共有していくためのスローガン「Go for NEXT」を宣言し、成長エンジンとして「新市場への挑戦」「飽くなき技術革新」「新分野の創出」の三つを掲げました。
「新市場への挑戦」の取り組みでは、ブラジル、トルコ、南アフリカなど新興諸国を中心とした成長市場での生産能力拡大により地産地消化を推進することで、現地の雇用拡大やコミュニティの発展、環境負荷の削減など地域との共生を図っていきます。

「飽くなき技術革新」を追求し、環境・安全・快適性能の新たな価値を提供

「飽くなき技術革新」の取り組みでは、「タイヤが地球環境のために貢献できること」を考え、低燃費性、原材料、省資源という三つの方向性で商品開発を行っております。2020年にはタイヤの新品時の性能を長く維持する「性能持続技術」を採用したタイヤの量産化と、LCA(ライフサイクルアセスメント)の観点から、原材料や製品使用時だけでなく、製造、運搬、リサイクルまで、商品ライフサイクル全体の環境性能をより高めた新材料によるコンセプトタイヤを発表する予定です。そして2023年にはアクティブトレッドを採用したコンセプトタイヤを発表し、さらに2020年代の後半には「SMART TYRE CONCEPT」の技術すべてを採用した全く新しいタイヤを完成させることを目標に技術開発を進め、環境・安全・快適性能の新たな価値を提供してまいります。
「新分野の創出」の一環として注力しているヘルスケアビジネスでは、2015年1月に買収したスイスの医療用ゴム部品会社を核として今後、日本市場で培った「高品質・高性能」を武器に、世界の医療・介護現場に安心と安全をお届けします。

高い志で「真に価値」ある企業へ挑戦

当社グループは、三つの成長エンジンで社会課題の解決に挑戦し、持続的で確かな成長を目指してまいります。ステークホルダーの皆様の期待に応えるために、「住友ゴムWAY」では従業員が日々の行動のなかで実現していくべき「価値観」と「行動原則」を定め、一人ひとりが高い志を持ち、自由闊達な雰囲気のなかで互いに高め合う企業風土の醸成に努めてまいりました。
最近では、特に環境・社会・ガバナンスといった非財務情報を重視するESG投資の拡大やSDGsの浸透を実感しております。当社グループではCSR活動基本理念と、「GENKI」のキーワードから成るCSRガイドラインに基づいて、コンプライアンスや環境保全をはじめとしたさまざまな社会的責任を果たしていくのはもちろん、次の世代を見据え、高い技術力・開発力を持って社会的課題の解決と持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

 
 
 
 
 
 
住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー