本文へジャンプ
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

NewsRelease

このページを印刷する
2012年1月11日

「TOKYO AUTO SALON 2012 with NAPAC」にダンロップブースを出展

 ダンロップの住友ゴム工業(株)は、1月13日(金)から15日(日)まで千葉県・幕張メッセで開催される「TOKYO AUTO SALON 2012 with NAPAC」にブースを出展します。
 
 今回のブースでは、120年以上に亘り培ってきたダンロップのタイヤ技術の歴史と進化を分かりやすく体感展示します。サーキットに見立てた同ブースはコースを歩いて頂くことで、ダンロップの先進テクノロジーを体感して頂けます。
 
「TOKYO AUTO SALON 2012 with NAPAC」ダンロップブース
 
【展示内容】
<誕生・発見ゾーン>
 ダンロップの起源である空気入りタイヤの誕生とハイドロプレーニング現象の発見についてご紹介します。
 
<最新テクノロジーゾーン>
 現在のタイヤに搭載している最新テクノロジーについて体感什器を用いてご紹介します。
 ・ダンロップ独自の特殊吸音スポンジ搭載タイヤの内部を再現。スポンジがもたらす「静粛性」を体感して頂けます。
 ・低燃費タイヤ「エナセーブ」の低燃費性能を「転がり抵抗実験装置」で体感して頂けます。
 
■会期及び会場2012年1月13日(金)~15日(日) 幕張メッセ(千葉県千葉市美浜町中瀬2-1)
■ブース位置中ホール

画像のダウンロードは報道関係者の方のみとなっております。ご了承ください。
ページ最上部へ
住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー