本文へジャンプ
 
住友ゴム
サイトマップお問い合わせ
English
文字サイズの変更
文字のサイズを縮小する文字のサイズを標準に戻す文字のサイズを拡大する
検索のヘルプ

NewsRelease

このページを印刷する
2013年2月27日

「エナセーブ」ブランドをトラック・バス用タイヤに拡大
低燃費オールシーズンタイヤ「エナセーブ SP688(エスピーロクハチハチ)」新発売

 ダンロップの住友ゴム工業(株)は、3年連続低燃費タイヤ販売本数No.11ブランド「エナセーブ」の高い環境性能をトラック・バス用タイヤにも拡大した「エナセーブ SP688」を3月から順次発売します。「エナセーブ SP688」はタイヤの転がり抵抗を34%2低減し、燃費性能を大幅に向上した低燃費オールシーズンタイヤです。発売サイズは6サイズで、価格はオープン価格です。また、更生タイヤの「SP688R」も9月から発売します。
※1(株)日本能率協会総合研究所調べ 全国カー用品量販店上位2社2010年・2011年・2012年低燃費タイヤ販売本数。
※2SP670比
 「エナセーブ SP688」は、新パターンの採用により、荷重時の変形を抑えるとともに、ダンロップ独自の新材料開発技術「4D NANO DESIGN(フォーディーナノデザイン)」により開発した新コンパウンドの採用により、「低燃費性能」と「耐摩耗性能」を高いレベルで両立しました。
■サイズ
 【チューブレスタイプ】
11R22.5 14PR ◆
11R22.5 16PR ◆
245/70R19.5 136/134J ◆
265/70R19.5 140/138J
275/80R22.5 151/148J ◆
295/80R22.5 153/150J
◆ 9月から発売の更生タイヤ「SP688R」
エナセーブ SP688
■特長
 (1)転がり抵抗34%低減
 新パターンの採用により、接地面積を増加させるとともに、ブロック間を繋ぐタイバーを採用することによりブロック剛性が向上しました。これにより、ブロックの変形によるエネルギーロスを減少し、転がり抵抗を34%3低減しています。
※3 SP670比
 <転がり抵抗性能実験データ>
 (2)耐摩耗性能20%向上
 新材料開発技術「4D NANO DESIGN」により生み出されたポリマーとカーボンの絡みを増やす最適なカーボン構造とした新コンパウンドと、タイヤショルダー部の接地圧を均一にコントロールする「スクウェア・コンタクト・テクノロジーII」(SCTII)により、耐摩耗性能を20%※4向上しました。
※4 ECORUT SP668比
<耐摩耗性能実験データ>
 
画像のダウンロードは報道関係者の方のみとなっております。ご了承ください。
ページ最上部へ
住友ゴム工業株式会社
ご利用条件サイトマップお問い合わせ
プライバシーポリシーソーシャルメディアポリシー